« 2018年7月 | トップページ

2018年8月23日 (木)

ナイフセット

ナイフを使ったスプーン作りは グリーンウッドワークの一番入り易い扉です。 まず数少ない簡単な道具でできる。そしてスプーンの材料は小枝などで、入手もかなり現実的に楽です。

そしてこのスプーン作りが ここ日本でもこれから徐々に広がっていくかもしれません。
今後のことを考えて ナイフセットを用意しておこうと 前から考えていたので、この時にと思い作ることにしました。 刃物のセットがあれば たとえ参加者が刃物を持っていなくても対応できるので ありがたいわけです。たとえば もし 刃物が用意できなければ 参加者に負担して購入してもらわねばならず ちょっと話が重くなり頓挫してしまうかもしれません。
この暑い暑い夏のさなかに 鍛冶屋作業をして やっと スプーンカーヴィングナイフセットを作り上げました。目標25セット。 カーヴィング用のナイフと ツーカカム(フックナイフ)、さらに 左利き用ツーカカム3本を 作り上げました。
鍛造、柄付け、研ぎ、そしてシースまででしたが3週間かかりました。
実際3週間で ナイフ、ツーカカム合わせて50本以上作るとなると 1本2本の刃物を作るのとは違った 別な容量があって それをうまくやり取りすると案外できるものです。
そこそこの品質で ある程度の 手間をかけて そして切れ味は 抜群というポイントを押さえつつです。

20180822the_25_knivfe_sets_005

20180822the_25_knivfe_sets_006

20180822the_25_knivfe_sets_008

続きを読む "ナイフセット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

砥石研ぎ

刃物研ぎは ちょっと独特の楽しみがあります。手に伝わる研ぎの感触。中研ぎでのシャビシャビした研ぎ感もいいし、仕上げのもっと細かい繊細さの研ぎ、などなど早朝の心静かな時間にはいい仕事です。

さて 荒砥石が かなりへたって、真中がへこんできました。このまま使うと刃先が丸くなってどうしようもないので 今朝平面に研ぎなおしました。 真中の左側が極端に減っていて 軒下のコンクリート面で ジャリジャリとこすりつけて 平面にしたのです。

20180811the_sharpening_stone_008鍛造、焼き入れ 焼き戻しを終えてこれからいよいよ研ぎをして刃物らしくなっていくのです。写真の砥石は中研。

20180811the_sharpening_stone_002

こんなモルタルの階段や どぶ板みたいなところで ごしごしこすりつけます。体重をある程度かけ、水を掛けながらこすりつけるのでけっこう足腰にきますね。

20180811the_sharpening_stone_003

コンクリートの面もこすれてざらざらだったのが徐々に滑らかになるので そうしたら場所をかえます。

20180811the_sharpening_stone_005

真中のかなりへこんだ部分をこすり落とそうと夢中になってやっているうちに よく見れば

なんと斜めになっちゃいました。どうしよう!?夏の日差しが当たって来て汗かくし、がっかりするし、くたびれてくるし、、。結論 今日はこのまま終わって また明日の早朝に持ち越す事にしました。

続きを読む "砥石研ぎ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ