« 座編み教室 | トップページ | 器用ロクロ »

2016年8月 3日 (水)

インディアン ナイフ

グリーンウッドワークでは その材料になる木とそれを材料として使う人との間の距離が非常に近い。つまり使う人が材料の生の木の原木を自分で下ごしらえする事がほとんどです。

目前にある丸太をチェーンソーで玉切りにしたり また 板材を取ろうとやはりチェーンソーで挽いていきます。

さあ、テーブルなりスツールなり板材の表面の仕上げをどうするか、という問題があるのです。乾かして鉋掛け、というのが常道かもしれません。

今回は こんな状況ですごくグリーンウッドワーク的に面白い道具をご紹介しましょう。

インディアンナイフと名付けられたこの道具は 非常に単純な形です。ちょうど銀杏の葉っぱのような形をしています。

20160803indian_knife_005

上 柄が長く 荒削り用(両刃)

中 中仕事用(両刃)

下仕上用(片刃)

もし市販の丸ノミがありましたら これでもある程度出来ます。

今回は最初にそんな丸ノミで削りました

20160803indian_knife_004

今回の材料は 生木ではなく もう乾燥してしまった 樫の木片です。硬さではかなりあります。チェーンソーのギザギザの刃跡が目に入ってきます。

20160803indian_knife_011

木の繊維方向に対して直角方向がかかりやすいです、こんな風に削れて チェーンソーの跡がなくなりました。

この次に荒削り用のインディアンナイフを掛けました。

20160803indian_knife_013

最初の鑿跡がちょっと目ざわり観がありましたがだいぶ見ていて楽になります。(鉛筆で仕切って一番手前が加工なしのチェーンソーのまま、真ん中が丸ノミ、上がインディアン鉋で荒削りしたものです)

さらに中仕上用のインディアン鉋をかけます

20160803indian_knife_017

ここでは一番左がそれです

さらに仕上用のインディアン鉋をかけます

20160803indian_knife_019

ちょっと分かりにくいですが左手前の部分が最後の仕上げをしたところです。

20160803indian_knife_021

オイルをさっと塗りました、5番が最終仕上げをした部分ですね。

20160803indian_knife_020

オイルを塗ると仕上がりの状態がよくわかります。艶が出ています。

このように表面処理の仕方で随分と表情がかわるものです。

”平面”ではない平面、でもいいニュアンスになりますよ。

そしてこの削り作業がとても楽しく 時間を忘れて熱中するものがあります。削った部分を指先で確認しながらけずるのは楽しいものです。

お問合わせ tomio@tomio-imaru.com

|

« 座編み教室 | トップページ | 器用ロクロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/64007138

この記事へのトラックバック一覧です: インディアン ナイフ:

« 座編み教室 | トップページ | 器用ロクロ »