« ドローナイフについて | トップページ | ランプシェード »

2014年8月19日 (火)

ナイフをたたいてつくる

私の場合 良くSK3という炭素鋼を刃物に使用しています。

炭素鋼は 歴史の長い 昔からの刃がねで 比較的熱処理が楽で まあ、気難しくない素材です。

炭素の含まれる割合が1%ほどです。

今回は このSK3の丸棒からナイフをつくる事にしました。

丸棒の太さは直径13mm。この丸棒を赤めてかんかんとハンマーでたたいて平たくして刃にします。

赤めてはたたき赤めてはたたきしているうちにだんだん平らでうすくなってきますが そうすると冷えるのも赤丸のも早くなり 火床とアンヴィルを往復するピッチがこまかくなって忙しいものです。

この赤い鋼をただただたたくという行為が案外面白いと感じました。

ちょっと刃が大きくなり過ぎた観がありますが柄をすげて 研ぎをして さらに柄を綺麗にナイフがけし、完成してみると でもでもいいものになりました。


動画

20140817new_shop_pictures_00420140817new_shop_pictures_013

もちろん実用品として 切れ味は抜群です。

|

« ドローナイフについて | トップページ | ランプシェード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/60173997

この記事へのトラックバック一覧です: ナイフをたたいてつくる:

« ドローナイフについて | トップページ | ランプシェード »