« | トップページ | グリーンウッドワーク 古殿 クラフトハウス »

2011年6月24日 (金)

靴箱

注文があって 靴箱を作りました。

家具の中ではグリーンウッドワークは椅子、という気持ちがつよいですよね。

色々な事情があり すべて乾燥材を使いましたので 厳密にいえばグリーンウッドワークではありませんが

でも 作りかたはグリーンウッドワーク的なものです。

4人分のスリッパと靴を収納できるものです。側板は暴れて曲がったケヤキです。

通常とくにこういったキャビネット類は みな直線と直角によって構成されています。それは組みたての時に都合がいいからです。Hukushima_kutubako_001

その点側板がまがっていると何かと面倒で しかもうまくぴったりとしないものです。

Hukushima_kutubako_011

私はもうかなり普通の木工から外れてしまって たぶんまともな木工をやっている人から見れば ”なんじゃ、これは!!”というようなものだろうと思います。

でもいい勉強になりました。

グリーンウッドワークで 改めて再チャレンジしてみたいと思います。

今回背板を取り付けるのに釘を使っています。

ちなみに グリーンウッドワークでキャビネットを作る人がいます。

http://pfollansbee.wordpress.com/

すごいです。

重厚なキャビネット 作ってみたいですね。

|

« | トップページ | グリーンウッドワーク 古殿 クラフトハウス »

コメント

ご無沙汰しています。
靴箱風合いがありますね。
キャビネット類がグリーンウッドワークで
出来てしまえば何でも作れますね。
そこまで到達するには相当な
勘・・・木の曲がりや割れを読む見識
技術・・・収縮具合を計算し加工する技
センス・・・デザイン性
が求められ、指物とは全く別の部類の木工技術や製品ができ新しいジャンルになります。

さて、器に関しての私の思いつきで、実現するにはかなり先になると思いますが、曲げわっぱなる弁当箱がありますが、
曲げではなく手彫りで弁当箱を作りたいです。重箱では気を使いすぎますので、日常的に気楽に使える弁当箱です。その質感や木目を想像するとわくわくしてきます。
料理も映えると思います。

相変わらず希望や妄想ばかり膨らみます。

投稿: sugi | 2011年6月30日 (木) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/52029918

この記事へのトラックバック一覧です: 靴箱:

« | トップページ | グリーンウッドワーク 古殿 クラフトハウス »