« 器用足踏みロクロ製作教室の御紹介 | トップページ | 器用ポールレーズ製作 第1段階 »

2010年2月10日 (水)

大変なことが起こりました

20100210_006_2 うちで内々に挽いて 自家用に 試験的に使ってきたカリンの湯のみがひび割れました。

詳しく言うと 器の内側ではなく外側に年輪の線と直角にひびが入っています。

この器は普段お茶など熱湯を入れて飲んでいるもので、もう何か月も使っているのですが。

原因、原因、   なんでしょう。

同様にして使っている 私専用のカエデの盃は全然問題なしです。

桜は割れやすい=温度の急激な変化に弱いということは分かってたのですが、果樹などの木がほとんどその観点からは使い物にならないのではないかと危惧します。

もっともっと、私達は 木のことを勉強しなくてはなりませんね。

20100210_005

20100210_007

こんな感じで両方のそとがわにひびが入ってしまいました。

内側にはひび割れが入っていないので お湯を入れても漏れはしませんが。

いまあれこれとその原因を考えていますが 最終的にいうと 材として熱湯を受ける器には使うべきではないということなのでしょうね。

バラ科はやはり向かないということですね。

早くわかってよかった。

20100210_012

普段使いのカエデの盃はもうずっと使っていますが何ともありません。カエデはバラ科ではありませんね。

|

« 器用足踏みロクロ製作教室の御紹介 | トップページ | 器用ポールレーズ製作 第1段階 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/47533048

この記事へのトラックバック一覧です: 大変なことが起こりました:

« 器用足踏みロクロ製作教室の御紹介 | トップページ | 器用ポールレーズ製作 第1段階 »