« 野の花の一輪ざし その2 | トップページ | ワークショップの御案内 »

2009年11月22日 (日)

野の花の一輪ざし その3

さてこれで円筒に深さ12cmほどの直径16mmの穴が無事あきました。

つぎに今度はこの材の外側をさらに斧で成形していきます。

もし材の反対側に記した中心点が間違えなければ穴のあいている方とその反対側の中心線をイメージして斧で削る限界がわかるはずです。その点さえ押さえておけば あとは自分の好きな形を作れます。

016 斧での作業はあくまで成形の下ごしらえですが、でもこの荒々しいタッチも案外良いですね。今回はこの後にまだナイフワークをするのではありますが。

このような長物を斧で削る時、長手方向に面をつくっていくと何かといいですよ。

019私はこの段階でさらにこの長い面を削り、一輪ざしの全体の形を決めてから 今度は面と面の角を落として丸くしていきました。

023 だいたい飽きてきたので次に紐通しの穴をあけます。

032 開けた穴にはこの穴より1割以上直径の細い試験管を入れます。

開けた穴が16mmですから収縮を考えて12mmの試験管(長さ10cm)を選びましょう。

こんな感じです。

2_001 表面はこんな感じです。ナイフで削って仕上げた表情です。紙やすりで磨かない方が表情があっていいですね。

完成!!

あとはゆっくり静かに冷暗所で数週間乾かしてからお使いください。 なお特に冬は完全に乾くのに2~3カ月かかる場合もありますので温風、直射日光、高温にはさらさないように気をつけましょう。

乾燥しましたら 亜麻仁油でも、柿渋でも蜜蝋でも試してみてください。

もしわからないことがあったらメールください。midorinocraft@nifty.com

|

« 野の花の一輪ざし その2 | トップページ | ワークショップの御案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/46831347

この記事へのトラックバック一覧です: 野の花の一輪ざし その3:

« 野の花の一輪ざし その2 | トップページ | ワークショップの御案内 »