« 野の花の一輪ざし作り その1 | トップページ | 野の花の一輪ざし その3 »

2009年11月22日 (日)

野の花の一輪ざし その2

直径5~6cmほどの円筒を斧で削って作ったら、次に材のどちらに花を生けるための穴をあけるか決めます。

材の長さは40cmくらいに切ります。そして穴をあける方はのこぎりで切って新しい断面が出たほうにしてください。

次に写真のようなブロックの上に材を載せてGクランプでしっかり固定します。

この材を載せるブロックは2個必要で、まったく同じ寸法にしてください。必ず丸いものが収まるように溝を3角形にします。また Gクランプの固定が甘いとハンドドリルで穴あけしているうちにガタついたりはずれて大変なことになります。

007 材をしっかり固定したら次に真っすぐな棒などを用意して材にそえて穴あけの際のガイドにします。

これはドリルの刃が真っすぐに材の向こう側に穴をあけるようにするためです。

この時もし誰かがいたら頼んでドリルの水平方向の傾きを見てもらいます。

もしだれもいなかったら鏡を使って自分で穴あけをしながら鏡を頼りにします。そしてそれと同時に穴をあける人は材の向こう側の先端の中心を目指して穴あけをします。

こうしてドリルの刃先の上下を横から鏡や人のお手伝いによって決め、刃先の左右の横のブレを自分でコントロールして開けていくのです。

これでうまくいけばそこそこ材の中心に穴をあけることができるでしょう。ドリルであける穴が長くなればなるほど誤差が大きくなりますからあまり欲張って長い穴を開けない方がいいでしょう。

だいたい12cmほどあれば良いです。

009 材の横のあてがった板材がドリルのガイドの役目をします。また奥にある鏡が同様に水平方向のガイド010をするので一人でも出来ます。

今度は材の反対側にこのドリルの穴の中心を記します。やり方は 単に目通しのやりかたや もうすこし精度を高めた定規のやり方もいいです。

ドリルの刃の延長線を材の反対側に鉛筆でしるし、次に180度回転して反対側にも同様にしるし、2つのしるしを鉛筆でつなぎます。

今度は90度回転し同じようにします。こうして2本の線の交差した点がドリルで開けた穴の中心点ということになります。

定規などを使ってやる時にはドリルの刃と平行に定規を添えて使います。

012 線の交わったところが穴の中心ということになります。

013 こちら 反対側です。この穴の延長の中心点が先ほどの交差点です。

続く

|

« 野の花の一輪ざし作り その1 | トップページ | 野の花の一輪ざし その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/46831149

この記事へのトラックバック一覧です: 野の花の一輪ざし その2:

« 野の花の一輪ざし作り その1 | トップページ | 野の花の一輪ざし その3 »