« 古民家見学 | トップページ | 野の花の一輪ざし その2 »

2009年11月22日 (日)

野の花の一輪ざし作り その1

033

もし一日 時間があれば 一輪ざしをつくってみてはいかがでしょうか。

道具 ハンドドリル、16mmドリルの刃(長さ20cmほどあるものが必要です)

刃の薄い斧、木のハンマー

 木材固定用のGクランプ2個、

固定用ブロック2個

 ナイフ、鏡(あるいは誰かアシスタント)、斧、斧作業のための切り株

細紐、真っすぐな細い棒

材料 太さ12cmほどの真っすぐな広葉樹の枝木(半割にしたときに6cmほど必要)、できればカエデなどきめの細かいものが良いが、あまりこだわらなくても大丈夫。

1.まず始めに002 刃の薄い斧と木のハンマーで材を割って直径6cmほどの太さにします。

木を半分に割ることによって木の年輪の中心がそとがわになるので割れを防ぐことができるのです。もしハンマーがなければ竹割りなたなどを使って割ってみてください。

005

材をこのような台の上で斧を使って直径5~6cmほどの円筒にします。(ポイントはなるべく均一な太さにすることです)

もしこの”まな板”がなければ普通のスギの木の厚板などを代用にしてもいいでしょう。

続く

  

          

|

« 古民家見学 | トップページ | 野の花の一輪ざし その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/46830932

この記事へのトラックバック一覧です: 野の花の一輪ざし作り その1:

« 古民家見学 | トップページ | 野の花の一輪ざし その2 »