« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

スプーンの作り方 動画 you tube

生木を材料にして、シンプルな手道具をつかって スプーンを作る様子を簡単にですがご紹介しています。

参考にしてください。

スプーンの作り方 動画 you tube

このようなスプーン作りの木工教室、そしてそのナイフ作りの教室を行っています。

詳しくはこちらを参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木の器 製作動画 you tube その2

器挽きの様子を別アングルからご紹介します。

木の器挽き その2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

you tube動画”人間力ロクロ”アップ

木の器ショップにはアップしましたが、ご覧になっていない方のためにこちらにもご紹介します。

かねてより人力で生の木を挽くポールレーズというロクロのことを言葉であれこれと説明していますが、なかなかイメージがつかめずピンとこないのではないかと思い、

ここに動画を載せました。ここでは器を挽いていますが、同じ原理で椅子のパーツなどを挽くのです。

ご感想などありましたら お寄せください。

また刃先の様子などは改めて違うヴァージョンでご紹介する予定です。

”人間力ロクロ”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

花梨の器挽き

たまたま 知り合いの畑の花梨の幹をいただくことになりました。

先日の台風で突風が吹き、花梨の木が根元から倒れてしまったのです。

本日はこの花梨の木で器を挽く様子をご紹介します。

Bowl_turning_002 木の幹に傷んでいる部分がありますが 交わすようにしてフロー(木を裂く道具)入れます。

こう見るといかにも硬そうな木ですね。

Bowl_turning_004 小口に割目をつけたら今度は横にして薄刃の斧を打ち込みます。

これで割れます。

Bowl_turning_005 半割にしたらのこぎりで所定の大きさに切ります。(これも相手が生の木なので柔らかいので楽です)

Bowl_turning_007 四角から八角にのこ挽きします。

Bowl_turning_010 次に斧でさらに角をたたき落とし大まかなボールの形を作るのです。

この工程は手間をかけたほうが次のロクロ挽き作業が楽なのです。

Bowl_turning_011 ひもをかけるマンドリルという道具を中心に打ち込みます。

Bowl_turning_012 こんな感じにしっかり打ち込み固定します。

Bowl_turning_014 次にいよいよロクロに載せます。

ここまで来るとひと段落です。全体の作業の2割くらいまで来た感じでしょうか。

001 まず外側を削り器全体の形を作っていきます。

003 外側を挽き終わったらひっくり返して今度は内側を挽いていきます。内側は外側を挽くより技術的に難しいです。

005

どんどん削り 心棒を細くして最後の最後にこのように折ってしまいます。

006

こんな感じになりました。心棒の切り取り跡を削りとってこれで9割完成というところですね。

010 こうして挽き終わった器はこのあと数週間乾燥させます。

そしてオイルディップをして完成です。今の状態はまだ乾燥していないので器としての表情が出ていませんが乾いてどう変わっていくかが楽しみですね。

カリンという木、始めて挽きましたが、生でも硬い感触でした。でも削ること自体はそれほど大変ではありませんでした。

良い器になってくれればいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

器挽き教室

本日は 八王子のSさんが1日器作り教室に来ました。Sさんはもう4年目に突入で かなり器挽きはステップアップして手慣れています。

これまでにロクロや器挽きの刃物も教室で作り ご自宅でもせっせと器を挽いていますが

細かい点での確認のために1日教室に来たのでした。

木を割いたりのこぎりで荒木どりしたりして10時過ぎには順調にロクロ材のナラを乗せ、さらに器の外側を荒削りするまで行きました。

器の外形や歯の当て方などの細かい点を確認しながら良い形を削り出しました。

001 生木とはいえナラはやはり硬くかなりくたびれるものです。

006 午後は器の内側を挽くのですがこれまたけっこう大変です。特にこれくらいの大きさの器になると人力で挽くのは大変なんですよ。相当くたびれます。

012 このようにして軸と器を切り離すために削り落すのが結構技術的に難しいのです。

010 なかなかいい出来になりました。

Sさんご苦労様でした。

008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

子挽き 孫挽き

ポールレーズで器を挽く時 芯がマンドリルに残ります。

この芯をうまく残すと子挽きの材料になるのです。

003

002

008

このようにして子挽きした器です。

最近ようやく少しずつこの技術が身に付いて来ました。

掘り進む幅はまだ3cmほど必要です。

いつか大きな木の塊から 大中小の揃いの器を挽きあげたいものです。

10月以降の週末木工教室の予定

10月17日 土曜日 ナイフの使い方教室 (一日のみです)

10月18日 日曜日 同上

10月24日土曜日  器挽き教室       (1日のみです)

10月25日日曜日  同上

11月 7(土曜日)8日(日曜日)スプーン作り教室

(このコースでは カエデの木からスプーンの材を採取するところから始め

ナイフの使い方 そしてスプーンづくりまでおこないます)

11月14日(土曜日)15日(日曜日)スプーン作り教室

ナイフ使いからはじまり スプーンを削って作ります。

11月21日(土曜日)22日(日曜日) スプーン作り教室

同上

11月28日(土曜日)29日(日曜日)スプーン用カーヴィングナイフ作り教室

12月12日土曜日 器挽き教室  (1日のみ)

12月13日日曜日 器挽き教室  (1日のみ)

12月19日(土曜日)20日(日曜日) スプーン作り教室

料金

ナイフ作り教室は1日6000円

それ以外は1日5000円    Dsc01557

ご連絡 お問い合わせ

電話 042-784-8092または

メールmidorinocraft@nifty.com

教室の様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »