« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

徐々に広がるグリーンウッドワーク と ポールレーズ

グリーンウッドワークの代表的な道具、といえばもちろんポールレーズですが、

このポールレーズで木を削る様子を一目見たら その独特な動きに心ひかれ、けっして忘れることはないでしょう。

このポールレーズをやってみたいと思っても 残念ながら市販されておらず スタート出来ないままに終わってしまうのだと思うのです。

そうです、このポールレーズは スーパーマーケットや DIYの専門店にももちろんありません。今のところ自作が近道と言えるでしょう。

自作を考えている方がいましたら、イギリスのグリーンウッドワーカー マイクアボット氏が作り方を解説していますので参照してください。

Green Woodwork by Mike Abbott 基本的な形のポールレーズの作り方が出ています。

Living Wood        by Mike Abbott 新しいデザインのポールレーズが出ています。

”自作する”という道を選ばれたかたにはそれなりに苦労があろうかと思いますが

今回 飛騨のKさんが自作されたポールレーズ、そしてそにおポールレーズで作り上げたお子さんの夏休みの工作であるスツールをここにご紹介します。

11 31 1

木工道具あるいは 木工機械を自作するということから始めるというのはまた木工のレンジを広げるものでもあります。

売ってはいませんが 自作してみることは可能です。

ご要望に応じて私の冬の工房でもポールレーズ作りの教室を開いています。

お問い合わせは midorinocraft@nifty.com まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

最近の器

本格的に器を挽き初めてから1年半ほどが経ちました。

最近あらたな視点に目覚め また技術的な向上もあって 自分ながら出来上った器が以前とくらべ変わって来たなと痛感しています。

毎回器を挽くたびに技術的に新しい発見があり、また形状などに対する示しがあったりして非常に奥が深いなと思うのです。

飽きることがない世界ですね。

012

桜の器 直径23cmあまり

013 桜の蜜壺=これはコンパクトサイズ 高さ13cmほど

挽き終わって くたくたになりながら できあがった器をみて じじいが自賛ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

PC不具合に伴うご案内

PCが壊れてしまい、HPがしばらくの間 更新できない状態です。

そこで今後の週末木工教室の情報をこちらでご案内します。

9月

19日土曜日、20日日曜日 カーヴィングナイフ作り教室(2日間)

26日土曜日、27日日曜日 カーヴィングナイフ作り教室(2日間)

10月

3日土曜日           足踏みロクロによる器作り (1日)

4日日曜日           足踏みロクロによる器作り (1日)

17日土曜日          ナイフの使い方教室      (1日)

18日日曜日          ナイフの使い方教室      (1日)

11月

7日土曜日 8日日曜日  カエデなどスプーン用材木の伐採、スプーン作り(2日間)

14日土曜日、15日日曜日 スプーン作り教室       (2日間)

21日土曜日、22日日曜日 スプーン作り教室       (2日間)

28日土曜日、29日日曜日 カーヴィングナイフ作り教室 (2日間)

料金はおおむね1日5000円程度ですが詳しいことは以下にお問い合わせください。

メールmidorinocraft@nifty.com

電話 042-784-8092

ちなみに場所は神奈川県です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

この夏の暑いときに

最近、PCが壊れてしまいました。

しばらくまともにブログなど書けなくなったのです。

写真とか様々なものが引っぱり出せなくなり困っています。

さて、この暑さにも関わらず どうしても鍛冶屋仕事をしなくてはならなくなり しぶしぶ昨日鍛冶屋をしました。

外気温が30度を超えるこの時期 小さな作業場での鍛冶屋仕事はつらいものであります。

汗かき放題 しかも赤めた鋼の棒を叩いて伸ばす肉体労働です。

Tシャツなどのみならずズボンまでぐしょぐしょになりました。

おかげでさまで3本のフックが出来上がりました。002

材料の鋼材 直径13mm SK3です。

003

炭の下準備

地元の炭焼きから仕入れた炭を細かくして熱効率を良くします。

007

できあがった3本

小物用のために刃先が細いのです。直径13mmの丸棒の先端をたたいて細くする作業がかなり大変です。赤めたとはいえ鋼ですから硬いのです。現代の鍛冶屋さんは機械を使ってこの作業をしますが、それも納得の作業なのです。

 

     008 

桜の柄をつけて一応の完成です。

006

この小さな灯床で鋼を加熱します。

020

山間部にありながら市街地のように肩寄せ合う住宅の一角に(本当は自宅の駐車場スペースです)かみさんと2人で建てた作業場=グリーンコテージ、この中で器が誕生します。

最近の楢材の作品

015

高槻=たかつき

これにお菓子など盛ると素晴らしくひきたちます。

 017

ウッドボール

 012_2

 

もうそろそろ楢材に飽き始めてきました。

昨日の刃物をつかってしばらくは小物を挽く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »