« スプーンプレゼント 当選者発表 | トップページ | スプーン作りの週末教室 »

2009年7月 4日 (土)

熊のプーさんの蜂蜜壷

こまごました用事をしながら2日間ロクロにかけっぱなしにしておいた深鉢が今日 やっと挽き終わりました。

材料の木はクルミです。

Dsc02375_2

Dsc02382 Dsc02384

       

深さが10cmあまりでこぶしを握った手がそのまま中に入るほどのものです。

上に耳がついていてとてもユーモラスな特色のある形です。

私はこの形が好きでこれより小ぶりなものをいくつか挽いてきましたが、今回 技術の上達を考えてかなり奥の深いしかも口のすぼまった壷のような形の器を挽きました。

奥行きのある木の器はそれを挽く刃物が奥にいけばいくほど刃先が遠くなり挽くのが難しくなるのです。

この壷のような器を見て 我家の女性たちが すぐさま ”熊のプーさんの蜜壷”だといいました。

この木の器が多少不恰好でユーモラスな形で、そのことから連想をもたらすのかされるものなのかわかりませんが なぜか蜂蜜壷を連想するようです。

まだフタは出来ていません、写真のフタは間に合わせに別のものをかぶせただけです。日を改めてフタを挽く予定です。

実際にこれに蜂蜜を入れてみようかという衝動に駆られています。

そのときには 蜂蜜用のしゃもじも挽かなくてはなりませんね。

似たような形のシリーズの中からご紹介します。

口を突き出したような器はこれは 醤油さしです。醤油の切れがいいです。

Dsc02391 Imgp00362   Imgp0037

耳付きのずんぐりしたふたつきの器は もう売れてしまいましたが同様のデザインの小物入れです。

奥の深いものは見た目以上に挽くのが大変です。

|

« スプーンプレゼント 当選者発表 | トップページ | スプーン作りの週末教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/45530154

この記事へのトラックバック一覧です: 熊のプーさんの蜂蜜壷:

« スプーンプレゼント 当選者発表 | トップページ | スプーン作りの週末教室 »