« 器の価格 | トップページ | 新たな広がり »

2009年6月12日 (金)

スプーン作り 仕上 &スプーンプレゼント

スプーンは荒削りから始めて、大まかに形を削り出し、次の段階としてその形を整えて、そして 最後に 仕上のナイフをかける。

仕上とは ナイフの削り跡の角がたったところを削り取り滑らかにしていく作業です。

スプーンを手に持って 見た目に違和感のある出っ張りを片っ端から削って 角を取っていくのです。   違和感の排除です。

この段階で使用するナイフは 下側が平らな つまり片側にしか刃がついていないナイフです。

この段階にもやはり時間をかければかけるほどスプーンはまろやかになって行きます。

”きりがない” という世界です。力をかけて削る作業ではなく デリケートに削る作業です。

時間がゆるすかぎり時間をかけたくなります。

私がカミヤスリを使わずナイフ仕上にこだわるのはここです。ナイフ仕上にはやはり切れがあります。そして切れるナイフで削った艶が宿ります。

Dsc02324 Dsc02328

Dsc02332

仕上のナイフは左右両方使いますからかならず2本1セット用意してください。

刃の厚さは1mmほどです。

Dsc02280_4 仕上削りを終えるとき=”あまり細かい部分にこだわりすぎるのもなんだな~、”という気持ちが湧き起こるまで仕上削りをすると滑らかになるものです。

でもでこぼこを落として綺麗なカーヴの線をだすと スプーンはまるでそれまでの荒削りの姿から脱皮したように洗練されていきます。しかもナイフで削った艶が宿ります。

カミヤスリは摩擦してこすり落とすやり方ですが ナイフは刃で切る作業で、切った面には艶があるのです。

この 上の写真のスプーン2本の材料は 会員のかたからいただいたイタヤカエデです。

 

さてさて、このブログも閲覧件数が2万を超えました。

このことを記念にして、この2本のスプーンをこのブログをご覧の方にプレゼントすることにしました。

もし応募多数の場合はくじ引でプレゼントする方を決めます。

応募方法はmidorinocraft@nifty.comまでメールにて連絡先など明記し”スプーン欲し

い!”という合言葉を添えてお申し込みください。

このスプーンはイタヤカエデの、ナイフ仕上の、バジャーのスプーンです。

6月20日をもって締め切ります。

お早めに。Dsc02334

|

« 器の価格 | トップページ | 新たな広がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/45320762

この記事へのトラックバック一覧です: スプーン作り 仕上 &スプーンプレゼント:

« 器の価格 | トップページ | 新たな広がり »