« 暴れ者=あばれた器 | トップページ | 器の価格 »

2009年5月31日 (日)

雨の日曜日にスプーン作り

雨の日曜日、予定がすこしずれて丸一日時間が空きました。

そこで今日はかみさんにスプーン作りを指導することにしました。

彼女はこれまでに少しずつナイフ使いを教わってきたので ある程度ナイフを使えるようになっていたのですが じっくり一日かけてスプーンを作るのははじめてです。

10時ころから制作にとりかかり5時ころまでかかって私とかみさんとそれぞれ1本ずつスプーンを完成しました。(私のはスプーンというよりお玉に近い大きさですが)

Dsc02258 体格の割りにかみさんは手が小さいので通常の大きさのナイフでは使いにくいのでそれにあわせて可愛い刃渡りの短いナイフを先日作ってプレゼントしました。

彼女の専用ナイフです。

スプーンは ナイフ使いそのものの技術的なレベルと もう一つ スプーンの形を作っていくセンスが必要になります。

つまりナイフがうまく使えればいいスプーンが作れるというものではないのです。形に対するセンスが育っていないとすっきりとした形のスプーンにはならないのです。

うちではスプーンのもとになるデザイン等ありませんから削る人のセンスそのものがスプーンになっていくのです。まして材料の木は生の枝打ちされた枝木や丸太ですから大まかなスプーンの形をした材木などではないのです。

この木そのものを割って裂いて形を見出していくのです。

もちろんお仕着せのデザインでやってもいいのですが それではその人のデザイン力は育ちませんからやはり時間をかけて個性を育てるためには我慢が必要ということになるのです。

じとじとと梅雨のような空模様の日曜日、黙々と木を削る静かな時間。こういう時間はそれなり いいものですね。

彼女が可愛いスプーンを削る傍らで 私はといえば 大きめのお玉のようなものを削りました。

床にナイフの削りかすが すぱすぱと、またぱらぱらと広がって行きます。

私達は”静かな民”ですね。

作業をしている私達は夢中ですからあっという間に時間がたって、気が付けば良い時間になっていました。

いつも思うことですが スプーン作り、なんと充実した静かな時間なのでしょうね。

Dsc02276 大きいのが私のお玉、小さいのがかみさんのスプーンです。私の作ったものはお汁を掬い取るためのものでなおかつ右利き用になっています。

実はこの週はこれ以外にコーヒーメジャースプーンを4つ作り少々飽きてはいたのですが。

このメジャースプーン、柄とボールの角度がかなりあり すくいやすいようにしてあります。

作り終えたスプーンを手にして誇らしげなかみさんでした。

Dsc02273

|

« 暴れ者=あばれた器 | トップページ | 器の価格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/45192641

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日曜日にスプーン作り:

« 暴れ者=あばれた器 | トップページ | 器の価格 »