« 展示会来場有難うございました | トップページ | 雨の日曜日にスプーン作り »

2009年5月28日 (木)

暴れ者=あばれた器

展示会絡みで 器の注文を受けました。

平らなお皿で直径27cmほどのものを合計4枚。

材料はさまざまな事情からクルミを使いました。直径が40cmあまりのくるみの半割りです。一番木の中心に近い部分は一番大きく、所定の寸法である27cm弱には大きすぎるので残念ですがかなり削り取りました。(おおきくとれるものは大きいまま器にしたいところでしたが。)

そのうち一番外皮に近い器は挽き終わって乾燥し始めてくるとどんどん白身の部分が収縮して暴れました。暴れは想定されたものでしたがくるみは比較的暴れが少ないので試してみようと思い、あえて挽いたものです。

この一番外側の器はそのほとんどが白身で芯の赤身がわずかなざいでありました。

まだ乾燥の状態でもうすこし様子を見てからオイルディップして完成ですが 多分もうこの1枚はもとの平らな状態に戻ることはないであろうと思われます。

4枚のうち1枚だけ注文されたお客さんには残念ですがもうすこしお待ちいただくことになりそうです。あと3枚は順調にもう一人のお客さんに届けられそうです。

胡桃の平皿、平でない平皿というのは使えませんよね。

Dsc02269 Dsc02271

一番手前の白身の多い平皿が暴れものです。

Dsc02270 ここまで暴れました。

白身の部分は収縮が激しいものです。

そういえば白身の部分は英語ではサップウッドといいますが、そのサップという言葉のなかには元気とか血気盛んと言う意味が含まれていたと思いますがまさに元気ですね。暴れすぎ。

|

« 展示会来場有難うございました | トップページ | 雨の日曜日にスプーン作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/45153321

この記事へのトラックバック一覧です: 暴れ者=あばれた器:

« 展示会来場有難うございました | トップページ | 雨の日曜日にスプーン作り »