« ウッドカーヴィング用丸刃手斧 | トップページ | グリーンウッドワーク 情報交換のサイトを設けました。 »

2009年1月27日 (火)

ラミネートフック

日本の刃物である地金と鋼の複合構造の刃物をいま盛んに試しています。ここではこの刃物をラミネートという世界的に通用する言葉で表現します。(ただ個人的にはラミネートという言葉の響きがなにか地金に薄い紙ほどの厚さの鋼をつけている印象を言葉から受けるので好きではありませんが、さらに私はラミネートではなくコンビネーションという言葉で英語圏の数人の人に言ったところ”ラミネート”だろうと修正されました、 いずれここらへんもきっちりしたいですね)。

このラミネートの刃物は世界的にも日本が優れており またこのような刃物を日常に使っているのはおそらくわずかで 日本だけかもしれません。

私達はこのラミネートの刃物をいま 器用の刃物である フックに適用しようと努力しています。この刃物の特色はやはり その削りの柔らかさと滑らかさと仕上がりの良さでしょう。

鋼は考えてみればばね=スプリングですから木のでこぼこにぶつかれば当然バウンドします。跳ね返ってくるわけです。もしこれが地金であれば鈍い跳ね返りになるわけです。

先週このラミネートのフック作りをしました。結果はやはり50%で、2本中1本がうまくフックになりました。しかもかなりきれいにできました。

温度管理 タイミングなどいい加減ではうまくいきません。ハードルが高いですね。

今後もすこしづつ前進していきたいです。

Dsc01920_2

制作の様子

Dsc01926

完成

Dsc01928 うまくコンビになっているでしょ?

連絡先

midorinocraft@nifty.com

|

« ウッドカーヴィング用丸刃手斧 | トップページ | グリーンウッドワーク 情報交換のサイトを設けました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/43870471

この記事へのトラックバック一覧です: ラミネートフック:

« ウッドカーヴィング用丸刃手斧 | トップページ | グリーンウッドワーク 情報交換のサイトを設けました。 »