« 上級者向け スプーン作り | トップページ | 時代の変遷  その1 »

2008年7月27日 (日)

グリーンウッドワークのアナロジー

グリーンウッドワークは大量生産を前提とした生産方法ではない。むしろ手作業で作品を作る喜びを最大限引き出そうとする木工ともいえるとおもう。

このようなスタイルの違いは 色々な場面に置き換え、当てはめてみることができると思う。

もしグリーンウッドワークのアナロジーを今の日本漁業のオイルショックにあてはめたら、、 手漕ぎの船や 風力利用のヨットで 近海漁業をするでしょう。

経費を抑えて 手漕ぎの船で近海に出漁すれば ランニングコストは比較的安価に納まるはずです。もちろん 漁獲高は落ちます。

一つ一つ個別生産するのではなく 同じ部品を大量に一度に作り それらを組みたてて 製品にしていく、あるいは巨大な経費を投じて 効率よく収量をあげる方向性。

このような方向性は 大量に安く製品を不特定多数のお客にいきわたらせる方法であり、そして実際私達は それなりの品質を低価格で享受しているのです。

然るに グリーンウッドワークは 方向性が まるで正反対。

ランニングコスト、経費が安い、身の回りの材を使う。大量生産、大量消費ではなく少量生産 愛用使い

このような方向性が望まれることは 今の世相を反映しているからだともいえる。

例えば グリーンウッドワークで作られた椅子を見る目で携帯電話やパソコンの基盤を見ることはないはずです。

命なき 大量生産の製品に 生命感を感じ得ない人たちの満足感を見出す新たな方向性。これがグリーンウッドワークとして結晶するのです。

グリーンは まさに 命の色です。

時代の大きな変化の兆しを グリーンウッドワークに 見るおもいです。

このグリーンウッドワークの要素である ”手道具 反機械化 ローコスト 手仕事 遠洋でなく 近海” などの合言葉で身の回りの世界を見直してみましょう。

|

« 上級者向け スプーン作り | トップページ | 時代の変遷  その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/41988920

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンウッドワークのアナロジー:

« 上級者向け スプーン作り | トップページ | 時代の変遷  その1 »