« スプーン | トップページ | 飛騨での イベント »

2008年6月 4日 (水)

小さな工房 建築 building a small workshop

ここ数ヶ月 友人の 刃物鍛冶の仕事場を建てています。
一坪半ほどのわずかなスペースです。
9cmの安い杉の角材を柱にして ホゾ組して組み上げました。なるべく安く、をもっとうにしたのです。

納期が短いため 私の方向性が そのまま実現できず かなり譲歩した形になりました。
本来ならば 柱 梁など すべて 楢の生木を材にして作りたいところではありますが
かなわず ただ ブレース(腕木)だけは楢の木にこだわりました。
これは イギリスの ティンバーフレームハウスの工法です。
このブレースは全て曲がった楢を山から運び込み チョウナで削り上げたものです。
現場で見ると やはり 組みあがったフレームは 特に ブレースは迫力満点ですね。
今後 ゆっくり屋根を葺いて 続いて壁をつけていきます。
これからどうなっていくか 妥協と予算と納期が形を決めていきます。

In these a few months I am struggling to build a small cottage for my friend. He is a part time blade smith, and wanted to have a workshop for bladesmith work,.
The points are money and time as usual. So, I'd love to built an english timber frame house, but needed compromise for the money and time.

The posts and beams are cheep fir blanks, but I suggested to poke braces out of japanese oak named nara. So, I carried nara from the wood and whittled with my chona= japanese  adze.
And here, stand up the frame.

2008_picture_of_the_oomine_cottage_それぞれのフレーム。



2008_picture_of_the_oomine_cottag_2そのフレームを組み上げました。



2008_picture_of_the_oomine_cottag_3屋根の下地は 簡単なボードです。



2008_picture_of_the_oomine_cottag_4内部の感じ



2008_picture_of_the_oomine_cottag_5これがブレースとそれをとめるピン(楢の木)

This is a brace out of nara and a pin also out of nara, octagonal shape in diameter.

2008_picture_of_the_oomine_cottag_6現場からの眺め
わたしはこの緑の小道が好きです。ここに グリーンウッドワークで作った木のフェンスをつけたいですね。
This is a view from the cottage, there I would like to build a fences made of green wood, it would be very nice, I think.

PLease make a comment on this blog

mail midorinocraft@nifty.com

|

« スプーン | トップページ | 飛騨での イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/41425463

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな工房 建築 building a small workshop:

« スプーン | トップページ | 飛騨での イベント »