« フタ付き 器 a bowl with a lid | トップページ | 鎌型のナイフ a curved knife »

2008年6月29日 (日)

ウッドボールメジャー

前回問題点となっていた 器の 直径を測る方法
あれこれ 考え またアドヴァイスを受けながら あれこれ考え 結局 こんな形の道具を作りました。
According to some advices, I made a  measure for the bowls diameter.

作り終わってみてみると 要するに 巨大ノギスなのでした。 カリパーというコンパスのようなもので 測るのが一般的であるようですが、既成にとらわれず 自作してみました。
When I completed,  I found that the  measure   was just like a large calliper.
An end  jaw  is fixed with  wooden pins on to the  rail, and the other  jaw  slides freely.

付け加えますが ポールレーズで 器を挽くときには マンドリルというスパイクの付いた丸い棒を器の中心に打ち込みこのマンドリルに紐をかけて回転させるのです。ですから ものさしで直接に直径を計ることができないのです。 つまり器の真ん中にこのマンドリルが打ち込まれていてそれが邪魔になって計れないわけです。
かといって一度マンドリルをはずしてしまうと 元の位置にぴったりに付け直すことは非常に難しいのです。
2008_picture_of_the_large_bowl_meas2008_picture_of_the_large_bowl_me_22008_picture_of_the_large_bowl_me_3



終わってしまえば 何のことはない、巨大ノギス

ノギスと同じように使います。片側のポインターは木のピンを打ち込んで止めてあります。もう一方のスライド ポインターは 可動式です。 ポインターの先端は 鋼鉄の釘を使っています。
At the top of the jaws  I drived a steel nail.

I hope this measure works well from now and then.

今夜のこの作品が 今後活躍してくれると良いな、と願っています。
アドヴァイスありがとうございます。
メールはこちらまで
midorinocraft@nifty.com

|

« フタ付き 器 a bowl with a lid | トップページ | 鎌型のナイフ a curved knife »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/41687794

この記事へのトラックバック一覧です: ウッドボールメジャー:

« フタ付き 器 a bowl with a lid | トップページ | 鎌型のナイフ a curved knife »