« 飛騨での イベント | トップページ | ナツメのスプーン »

2008年6月11日 (水)

木の表面処理

木はその表面を処理して寿命や見栄えや機能性を向上させることがおおいですね。
グリーンウッドワークにおいてもこれは同様の傾向があります。
ただしグリーンウッドワークでは煩瑣な、化学的なあるいは大規模な機械設備を必要とする処理方法はむきません。
In Japan we  traditionaly do not use oil  for the furniture finishing.
On the other hand we usue other methods, urusi paint or kaki paint. Urusi is made from urusi tree sap and kaki paint is made from fruit "Kaki".

And also there are someother oil finishes like finishes, too. Wallnut oil, rice oil etc.

漆の可能性を確認しようと昨日 上野の大学に 知人を訪ねました。漆を専攻している人たちに実際のところを見せていただきました。
結論から言うと グリーンウッドワークでの器作りの表面のニュアンスからは 拭き漆がふさわしい気がしました。
ただそれでも漆塗りを自分でしょって木工とブッキングするには 個人的にはかなり重荷になるし、自分で塗るにはちょっと簡単ではないと感じられました。
ただわずかながらの可能性としてさらに今後勉強をしていき、ある程度の成果を期待できそうな予感をえました。

Yesterday we visited  in  Ueno at Tokyo National Univercity of arts to meet my friends who learn urusi work in the graduate school.

They learn traditional wooden bowl methods including wood bowl turning, hooked tool making and urusi painting. 
And there I saw the hooked tools that are almost same shape that we normally use.
2008_picture_of_the_geidai_visit_02ここでは日本の伝統的技法が踏襲されており 当然のようにやはり私たちの使うフックとよく似た刃物が使われているのです。ほっとしますね。


2008_picture_of_the_geidai_visit_03まさに私たちの使う刃物と勘違いするほど共通するものがあります。ただしここでは刃物の金属はほとんどHSS鋼です。


2008_picture_of_the_geidai_visit__2 このようなスクレーパーで最終仕上げをして滑らかな仕上げにし、漆塗りの前提条件を作るのです。

These are scrapers for the fine finish, because urusi finish needs a very smooth surface.

2008_picture_of_the_geidai_visit_04ある程度の木地のでこぼこにも 拭き漆であればいけそうです。
私たち刃物削りで仕上げて紙やすりなど使わないものにとっては希望ですね、拭き漆は。

This wooden plateis finished with "hukiurusi”、means wipe an urusi extras. This method does not need to make a wooden bowl surface very smooth. And still the  tracks of the hooked tools are O.K.

2008_picture_of_the_geidai_visit__3冷蔵庫に保管されている漆原液。ラップをはがし 空気に触れると徐々に色が濃い茶色になっていくのいです。
漆はかぶれるけどおもしろいですね。

This is the urusi kept in refrigerator. Once the  wrap are peeled, and exposed to an air, the urusi changes the colour from dull to sharp brown.

|

« 飛騨での イベント | トップページ | ナツメのスプーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/41498658

この記事へのトラックバック一覧です: 木の表面処理:

« 飛騨での イベント | トップページ | ナツメのスプーン »