« シェービングホース の ボディー | トップページ | ロビンウッド讃 »

2008年4月26日 (土)

ナイフで削る

生の木を ナイフや斧で削るのは 非常に没頭できる作業ですね。
ナイフや斧は 非常に単純な道具である、という反面 使う人の技量がそのまま出るものです。
私も”もっともっとうまくなりたい”という気持ちもあって 最近過熱気味です。
私が使っているナイフは 以前紹介したと思いますが 自作のナイフです。もとはちょっと細めの金工用ヤスリです。グラインダーで成形しなおして 刃渡りを5cmほどにして 手にすっぽり収まるような丸みのある握りをつけたものです。
このナイフで 生木をシュピシュピ削りかすを飛ばすように そして持ち方をあれこれ変えて削るのです。気持ちが良いものです。
写真は スツールの部材を 斧とナイフで削ったものです。
2008_picture_of_the_knife_work_004



生木を割いたあと いつものように手斧で最初の大まかな成形をして そして次に 例のナイフで それぞれの部材の両サイドのホゾを削りました。ポールレーズでホゾを削ると短時間に正確にできるのですが これをナイフで作るとなるとそれなりに手間隙がかかります。精度も多少落ちました(いずれもっと上達するかも)。
2008_picture_of_the_knife_work_002グレンスフォースのカービング アクスと 自作やすり前世ナイフ。
この斧にはこの斧を作った担当の職人のイニシャルが刻印されています。
KSです。またこの斧は非常に デザインが工夫されていて 木を削るときスライドするように円を描くように持ち手をふって削るのですが、最初に刃が木にあたる かかとつまり先端と反対の部分と 先端の、刃先のベベルの厚みが異なるのです。最初 うすい刃が木に入っていって 刃が振りぬくときには厚くなっているのです。
2008_picture_of_the_knife_work_005また刃先が片刃で(これは右利き用)しかも木に食いつきがよく さらに適当に離れが良いのです。また ベベルがハマグリ刃になっています。
またカーブがちょうど手のふりのカーブと同調しているのでこの点でも非常に使いやすいです。
この斧はSwedish Carving Axeといいます。デザインは ウィルサンドクヴィストという スエーデンの有名なクラフトマンがしたものです。
写真左がいつも荒削り用に使っているタフガイです。刃のカーブの違いに注目ですね。

2008_picture_of_the_knife_work_001つい3日前に完成した同じ工法のスツールです(ただしこのホゾはポールレーズで作りました)。
ポールレーズでない、しかもドローナイフでもない 違った仕上感の表情が出ますね。2008_picture_of_the_knife_work_00_2



皆さんもいかがでしょうか?

P.S.

この斧メーカーの製品には個々に20年間の保障がついています。

本体価格15000円前後、 高いか、安いか、です。
お便り、ご連絡 はこちらまで
midorinocraft@nifty.com


|

« シェービングホース の ボディー | トップページ | ロビンウッド讃 »

コメント

ごぶさたです。
 29日は十和田市のメインストリート官庁街で仲間と花見をしました。クローズ系の花見じゃなくて、太鼓の演奏あり手作り水車コンテスト
あり(官庁街には人口河川、稲生川から引いた
水が流れているのでその視覚化)口上ありの
オープンな雰囲気です。
 そこにロケットストーブやOHPのフレネル
レンズを使った太陽熱集光装置「はんたか」と
ともにポータブルタイプのシェービングホース
を持参しました。観光客や市民さんが足をとめて興味深気に見ていました。これ太鼓のバチ作るのにいいなと太鼓たたいた人、すりこ木つくるのにいいねとも、、、ハイジのペーターの話は魅力的な助っ人です。
 土日は遊んでばかりいるので作業場つくりは
ほとんど進んでいず、ポールレーズは先のまた先なのですが、津久輪さんのワークショップで
スプーンを作ったときから感じているのは、
たしかに面白いのですが、どうも私はシンメトリックが嫌いなのではないかとおもうのです。
アンチシンメというか反対称というか、、、
 長々と書いてすみません。
ナイフいいですね。

投稿: K | 2008年5月 1日 (木) 06時14分

お便りありがとうございます、Kさん。
ロケットストーブ、はんたか(どういうものなんだかよくわからないのですが)面白いことをやっているのですね。
作業場建設もそっちのけで遊んでいるのはそれもまたよしですね。遊びはだいじですよね。
スプーンは ナイフで削ってもとても面白いときっとKさんも考えているのではないかと思います。
削っていくうちに 木と手と刃物が話し合って出来上がっていく感じがして 私は 好きです。ナイフ。
遊びののりで ナイフに行っても面白いでしょうね。

投稿: バジャー | 2008年5月 2日 (金) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/41001171

この記事へのトラックバック一覧です: ナイフで削る:

« シェービングホース の ボディー | トップページ | ロビンウッド讃 »