« 異なる世界に足を踏み入れる | トップページ | 変化と制約 »

2008年3月20日 (木)

重すぎ バジャーヘロヘロ

気張って でかい器を挽こうと 欅の塊に挑みました。重さ10kgほど。 
これをポールレーズにかけると 足で踏んでもかなり重く、くたびれるものです。
なおかつ 踏み込んで正方向回転を終えて こんどは逆回転に移るのですが、太めに付け替えた竹が戻らないのです。 下手すると踏み板が地についたまま動かないでじっとしています。ちょっと足で突っついてうながして やっとゆっくり戻ってきます。
ポールレーズでの ポール(竹)のアクションは速やかなものでなければならず スピードにすると 例えば 一踏み1秒くらいがリズムとして最適だと思いますが これが一踏み5秒とかかかると もうそれで拍子抜けしてくたびれます。
もちろん効率的にも非常におそくなり いやになってきます。

結局 この10kg欅は あきらめました。
おまけに 刃物を挽いているときに欅に引っ掛けて1本折ってしまいました。

2008_picture_of_the_large_one_005



2008_picture_of_the_large_one_001



ポールレーズもウッドボール用のものは 挽く材料が重いものですからがっしりとしていて材の重さに負けない重量を備えていないといけません。

このときの欅は 工房=グリーンコテージの片隅に転がっています。
しばらく触りたくもないですね。
ご感想、お言葉はこちらまで。 きょうはヘロヘロです。
midorinocraft@nifty.com

|

« 異なる世界に足を踏み入れる | トップページ | 変化と制約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/40576100

この記事へのトラックバック一覧です: 重すぎ バジャーヘロヘロ:

« 異なる世界に足を踏み入れる | トップページ | 変化と制約 »