« ホゾのひび | トップページ | 今年の材が来ました »

2007年12月28日 (金)

あともう少し

以前に書きましたが 私は 東京育ちで いわゆる下町っ子です。土地家屋を持っておらず常にせまい住居を借りて暮らしていた家族の長男です。
木工があるいは 何か作ることが好きではありましたが そういう自分の趣味を行う場所などもつことができなかったのです。
そうするうちに 大人になり 一般の社会人となり 会社勤めをしていました。
その後 自営業に転向してからも 都会人的な生活スタイルはついて廻り 30半ばになって バブルの波に乗ってこの津久井に家を買ったのでした。何の考えもなしに。
そうして30,40代はあっという間に過ぎ私は もう 都会的な暮らし方に興味をもてなくなり そのかわりに 田舎暮らしに興味が向いていったのです。
もちろん木工も 興味津々ではありましたが ”そんな人”つまり 財力なし、広い土地なしでしたから なかばあきらめていました。
いつも ”そんな人”の壁にぶつかるのです。大型の動力機械が必要だ、とか 材木をストックする場所が要るとかです。あるいは時間がないとかです。

”そんな人”である私が グリーンウッドワークに出会って 一筋の光を感じなかったわけがありません。
せまい場所でも できる、夜でも騒音にならないので 案外できる、 私のポケットマネーで始められる、材木は近くの里山の木を安く購入できるなど うってつけの木工です。

あと数年で 私の家の支払いも終わり 気違いじみた住宅費から開放されます。(いまもしこの家を売っても買値の3分の1以下にしかなりませんし、今後の支払いの残り分を払ったらちゃらになってしまうんです)。
でもわたしは グリーンウッドワークに出会うことができました、それはもしかしたら”そんな人”だからかもしれません。

皆さんもグリーンウッドワークを身につけて、グリーンウッドワーカーになり田舎暮らしの数ある職業のあるいは趣味の選択肢の一つにしてみませんか?
設備投資の費用も安く 危険性もそれほどなく 電気代もかからず 美しい椅子を作ることができるのです。
がっぽり大金は儲かりませんが つましい 楽しい時間は持てるはずです。
 
そのときにはもっとゆったりした場所を拠点にして本当の グリーンウッドワークを開店したいです。
2007_picture_of_theautumn_course_loこういうサイトがほしいですね。

|

« ホゾのひび | トップページ | 今年の材が来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/17507202

この記事へのトラックバック一覧です: あともう少し:

« ホゾのひび | トップページ | 今年の材が来ました »