« 椅子の座面の材料 | トップページ | アウトドアーでの木工 »

2007年11月14日 (水)

こんな事象での考察

ポスト&ラングの椅子における 材の話です。

ポスト&ラングの椅子の脚の材料に向く木材の部位とはどこか? 
というような レベルの話があるのです。
グリーンウッドワークでの話ですが。
乾いた木材を椅子の材料とした場合は 考えもしないと思います。
そんなことを 考えたこともないし 考えも付かないかも知れません。
しかし実際椅子の脚、特に後脚は座り心地の点から柔軟性がある材が良材とされます。
柔軟性とはつまり座るとばねの様に柔らかくしなって 受け止めてくれることです。

では その良材とは 木のどの部位でしょうか?
座ると 柔軟に 曲がってくれる、ということが ポイントです。

木は 根元の つまり幹の地面に近い部分は 自身の重さ、風などに耐えるために 非常に堅く引き締まった組織になるのです。
多少の雨風にびくともしないために がっしりしているのです。

しかし 地面から遠ざかった部位は 反対に 柳のように 風に逆らわずに なびくことで 外力に耐えるようになっています。
ですから 幹の上部の 木材組織は 柔軟性があるのです。
椅子の、特に後脚になるべき 柔軟性を持った部位とは つまり そういう風になびく部分のことです。

柔構造という 考え方は ”タイチ”の思想で、それは東洋の思想であります。
ただガチガチに堅いのではなく 風に揺らぐ小枝のように 座った人の荷重を椅子が揺らぐことで受け止めるということです。
”フレキシブル イズ ストロング!”

ですから ポスト&ラングの椅子は 多少のでこぼこのある設置場所であっても しゃんと 4本の脚が しなりながら 接地するので 椅子にきしみ、緩みがでません。

木製の 柔構造の椅子に腰掛けたことがありますか?

椅子の後ろ脚の良材は 地面から遠い 部分の風に揺らぐ幹です。(ただし 樹齢の若い 幹は まだ たとえ根幹であってもまだ 柔軟性を持っていると思います。)

 
2007_picture_of_theautumn_course_lo柔軟性が 必要なんですね。
根元 と 中間        剛健と 柔軟        瞬発力と 持続力


12月のオープンコースの材木、桜です。
地面に近い部分の幹は 何百キロもの負担に耐えるためにかなりしまっているということです。上に行けばいくほど負担が軽くなり柔軟性があります。
この桜の場合下側は立地条件が斜面のためにバナナ曲がりしています。
         この部分は要注意です。





|

« 椅子の座面の材料 | トップページ | アウトドアーでの木工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/17075489

この記事へのトラックバック一覧です: こんな事象での考察:

« 椅子の座面の材料 | トップページ | アウトドアーでの木工 »