« 12月のオープンスツール教室 | トップページ | 椅子の座面の材料 »

2007年11月 5日 (月)

クルミフレンズ

今回は グリーンウッドワーク友の会”クルミフレンズ”のイベントとして 恒例”クルミ拾い&キャンプ”が行われました。
キャンプや クルミ拾いは楽しいものですが 木工とは無関係?
そういえばそうかもしれませんが、 グリーンウッドワークの ある意味リラックスした 精神状態と キャンプのそれには共通するものがあると思います。
非常に ぴりぴりと神経を研ぎ澄ませる作業よりも なにかリラックスして談笑しながらシェービングホースにまたがってドローナイフを使って生木を削る時のリラックスする部分が多いグリーンウッドワークですから、まさに キャンプで たとえば ソーセージを刺す串を枝などの木を使ってナイフで削るような そんな感じの木工なのです。ですからそういった意味の 角度からグリーンウッドワークを見てもらうと 多少 理解しやすいかと思います。
グリーンウッドワークを言葉であらわすと 確かに生木を材料にして行う木工で 主に椅子を作るということではあります。
実際は 電動工具を使う怖さがないため そういう緊張感がなく、リラックスして作業ができます。
また似たような手法で作る ラスティック ファニチャーというものがありますが、グリーンウッドワークで 出来上がった椅子は 非常に強靭であり またしなやかである点が やはり特性で、 たんに ラスティックというだけではないのです。
グリーンウッドワークが 現代の社会において 意義ある木工であるということは そういったリラックス効果とでも言うものを含んでいるからなのです。

2007_picture_of_the_autumn_walnut_f



2007_picture_of_the_autumn_walnut_2



2007_picture_of_the_autumn_walnut_3また来年も今回のような楽しい時間が持てますように!
参加希望の方は クルミフレンズになればO.K.です。
お申し込みmidorinocraft@nifty.com まで。
今回の会費は 2000~3000円(アルコール飲む人の1000円加算です)。

|

« 12月のオープンスツール教室 | トップページ | 椅子の座面の材料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/16982526

この記事へのトラックバック一覧です: クルミフレンズ:

« 12月のオープンスツール教室 | トップページ | 椅子の座面の材料 »