« アメリカの著名グリーンウッドワーカー | トップページ | トリミングアックスの実際 »

2007年10月14日 (日)

手斧 ハンドアックス トリミングアックス

手斧 ハンドアックス トリミングアックス これはどれも同じ斧を指しています。
生木をフローで裂いて 所定の太さ近くなった材料の生木を チョッピングブロック(まな板)の上で 荒木取りする際につかう斧です。
今回は この手斧のことを もう少し詳しく説明しましょう。

これまでの説明との重複部分はあまり気にせず書いていきますのでご承知ください。
日本で このトリミングアックスに使える刃は DIY店などで マサカリ750gなどとして売られている 薪を小割するための両刃のものが使えます。
ただ このマサカリの刃は刃先の部分を膨らませてあり 薪割りに適した断面形状になっていますが  トリミングには このふくらみがむしろ邪魔になりそのままの形状で使うと 生木に向かって振り下ろしても はねて非常に使いにくいものです。そこで このふくらみを砥石で落として 直線にして ある程度の食い込みのよさをうるようにします。
2007_picture_of_the_trimming_axe_002007_picture_of_the_trimming_axe__22007_picture_of_the_trimming_axes_d



左 通常の市販のマサカリ 刃先の角度の部分が 膨らんでいて このままでは使いにくい
中 トリミングアックスとして柄を挿げ替えたもの
右 この刃先のマジックで塗った部分が膨らんでいると 木に食い込みにくくなります。

|

« アメリカの著名グリーンウッドワーカー | トップページ | トリミングアックスの実際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/16759117

この記事へのトラックバック一覧です: 手斧 ハンドアックス トリミングアックス:

« アメリカの著名グリーンウッドワーカー | トップページ | トリミングアックスの実際 »