« 手斧=トリミングアックス 2 | トップページ | アメリカの著名グリーンウッドワーカー »

2007年9月18日 (火)

グリーンウッドワークの手道具

グリーンウッドワークの手道具の日本における入手の現状
グリーンウッドワークは日本でもまだまだ ほとんどマイナーな立場であり、その作業を支える手道具というものが手に入らないという現実があります。
手斧やノミなどは 伝統的、 あるいは 新建材向けに開発された 手道具で間に合わせてもほとんど問題は ないと思われますが、 特に 刃物の中でも ドローナイフ、フロー、フェレット、スキューノミなど ある種の刃物は 日本になく、 また似たようなものがありますが 使用感がかなり異なり 私は あえてmade in Japan にこだわるのは無理があると感じています。
もち論 最近では ドローナイフは ネットで入手できるようですが ログハウス向けのドローナイフである場合が多く使用感が違うのです、 つまり グリーンウッドワークに使うためのものではないので うまく使えず 長続きしないものになってしまうことになるのではないかと危惧します。
こんなときに 頼りになるのが やはり イギリス アメリカの ショップでしょう。
私のところでは 主に イギリスの Ray IlesのThe Old Tool Storeを利用しています。
ここは 使い込まれた道具の販売のほか 新品も取り扱っており 私のお気に入りです。
日本で言えば 中古の道具屋のような勘違いをしがちですが イギリス人は どうも古い物好きで どうどうとこういったもののやり取りをしています。 場合によっては 中古のほうが高かったりします。”アンティック”ということなのでしょうか。
私のところでは ここから取り寄せる道具を希望される方にお分けしています。
(たとえばドローナイフは現地価格30ポンドで イギリスから送りつけられたものは 刃先が調整されていませんので それを私が 研ぎだして出していますが、 案外手のかかる仕事でもあります。自分で刃先を調整されるのでしたら 30ポンドプラス 送料分担プラスペーパーマージン10パーセントほどでお渡しできるものです、およそ10000円弱ほどです。)(すいませんポンドの相場があがっているようでこれまで 1ポンド200円で考えていたために価格に相違が生じていました。)
このショップは 非常に良心的で 印象もいいです。
道具のよしあしが 作業や 木工全体の印象を左右しうるものですから よい手道具を揃えてください。

2007_picture_of_the_drawknife_011

左から アンチック
つぎThe Old Tool Store(ここのご主人の父親がこのドローナイフのメーカーです)

          次アメリカ製(華奢に見えますが 案外タフでさらに切れ味抜群です
         右 スイス製 小売してない様子でちょっと割高ですが 日本で購入できま          す。

|

« 手斧=トリミングアックス 2 | トップページ | アメリカの著名グリーンウッドワーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/16495014

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンウッドワークの手道具:

» スイス製MFIII羊プラセンタカプセル [スイス製MFIII羊プラセンタカプセル]
スイス製MFIII羊プラセンタカプセルの紹介 [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 10時43分

« 手斧=トリミングアックス 2 | トップページ | アメリカの著名グリーンウッドワーカー »