« Mさんの作品 小テーブル | トップページ | ウィンザータイプチェアーのシート »

2007年7月30日 (月)

チョウナはつり

考えてみると チョウナはその形が 縄文時代の 斧に似ています。現代のチョウナの柄の部分は曲げ木ですが、大昔の斧のように幹と枝別れの部分を柄にして 先端に刃物になる石器を横に付ければそれは チョウナとそっくりです。
おそらく チョウナは 非常に古くから受け継がれてきた木工道具であろうと思います。
いつか テレビで 太い立ち木を倒して木製の 昔ながらのカヌーを作る様子を見たことがありますが、やはり 柄の短い非常に原始的なチョウナのような道具で 木を削って丸太の中を彫っていました。もちろん木は生木でした。 おそらく 鉋 鋸以前の木工だと思います。
鋸がなかった昔は 材木は生木を裂いてとっていたのであり、その際に チョウナで 出っ張りをはつって製材したのだろうと思います。つまり 鋸で せかせかとたて挽きして 製材したのではなかったのです。
鋸は 製鉄技術がある程度のレベルにいたって初めて形になる道具だと思います。
チョウナを 鋸で切って製材した板に当てる必要はありません。また チョウナの刃は まっ平らであって、チョウナの刃を そののこ挽きした平らな面に当てると 刃の角があたって違和感のある痕が残ってしまいます。チョウナは 元来 平らにするというより 裂いた木の出っ張りを落とす道具なのでしょう。
鎌倉時代前後に 鉋 たて挽きのこが 大陸から入ってくるにともなって 木工のスタイルにも新しい傾向が出てきて より洗練された 平面、 滑らかな仕上がりが受け入れられていったのだと思います。

そんな観点から考えると グリーンウッドワークはある意味では 鎌倉時代以前の木工のスタイルを持っているともいえるのかとも考えてしまいます。
大昔の時代の木工だから、たいしたことはないかというと 反対に現代に生きる私達にとってチョウナではつった木肌は あまりに迫力があり 木の存在感が圧倒的に私達に迫ってくるのです。
今回 急遽 作業台を生徒が作ることになり 非常に原始的なやり方を中心にして つまりチョウナで削って作り上げました。
汗、汗あせの作業でしたが、出来上がったものは 非常に強い存在感を私達にアピールしてくるものです。

材は 津久井の クヌギ(半世紀の樹齢で 非常に素性が良く 目が通っているもの)で、上に乗せる天板の大きさを変更できるように特殊な構造にしました。2007_picture_of_the_work_bench_and_




2007_picture_of_the_work_bench_an_2チョウナがけは 非常に単純な作業であります。しかしそれゆえか とても心惹かれる作業です。ただ 柄は現代人にとっては ちょっと短く、腰を痛めそうです。

2007_picture_of_the_work_bench_an_3こういった角材は クヌギを裂いて チョウナではつって作ったもので、帯のこや バンドソーで挽いたものではありません。ホゾ組みして脚のセットの完成です。

2007_picture_of_the_work_bench_an_4斜めに ブレース つっかえをすると完璧な強度をうることができます。この工法は英国の木造の工法でもあります(最後に 抜け落ちを防ぐために木の杭を打つのです)。

2007_picture_of_the_work_bench_an_5あと天板を載せれば 作業台の完成です。
この作業で使った道具は ホゾを彫るための電動ドリル(手動のクリックボールとドリルの刃がうまくつかえず)、チェーンソー(太いクヌギを切断する時に使いました)以外は 単純な チョウナや ハンマー ノミ 鋸などです。 合計 5日間の行程になりました。かなりくたびれはしましたが 満足はこの上ないものでした。
お疲れ様でした。(脚の太さは 8X10cmほどです)



2007_picture_of_the_work_bench_an_6




|

« Mさんの作品 小テーブル | トップページ | ウィンザータイプチェアーのシート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/15950606

この記事へのトラックバック一覧です: チョウナはつり:

« Mさんの作品 小テーブル | トップページ | ウィンザータイプチェアーのシート »