« エコライフフェア2007 | トップページ | 椅子のホゾ組 浸水実験 »

2007年6月 5日 (火)

グリーンウッドワーク、 グリーンウッドワーカー

グリーンウッドワークという言葉は日本ではまだなじみがありません。
ましてグリーンウッドワーカーとなると何のことやらわかりません。
グリーンウッドワーカーとは グリーンウッドワークを実践する人ということでしょう。
椅子を中心に木工をする、なおかつ 生の木を材料とする、さらに 手道具を使う、さらに言わせてもらえば お金に縁がない人のことでしょうか?
でもグリーンウッドワーカーは 木のことをよく知っています。 それは 伐採する前の立ち木の状態から材料となる木を見ているかも知れないし、自分でどの部分を材料として使うかを決めうる立場なのですから。
グリーンウッドワーカーであれば 里山の保全に関してもきちんとした意見を持っているであろうし 伐採するべき木を 選び出すこともできるでしょう。

グリーンウッドワーカーの背後には 生の立木があり、立木の背後には 木立があり、木立の背後には 山があるのです。豊かな 広葉樹の里山の森があるのです。
”ウサギおいしかの山、小鮒釣りし かの川”とはまさに広葉樹の森なのです。
皆さんもグリーンウッドワーカーになって里山復活の一助になりましょう。
津久井のグリーンウッドワーカーでした

|

« エコライフフェア2007 | トップページ | 椅子のホゾ組 浸水実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/15324924

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンウッドワーク、 グリーンウッドワーカー:

« エコライフフェア2007 | トップページ | 椅子のホゾ組 浸水実験 »