« グリーンウッドワーク もう少しドローナイフ | トップページ | エコライフフェア2007 »

2007年5月31日 (木)

椚と楢 = クヌギとナラ

イベント用に 小さなテーブルを作りました。材はクヌギです。天板は脚の馬に乗せてあるだけのものです。天板はまだ生木のせいもあるのですがかなりの重量があり 一人で持ち上げるには かなりの力が必要です。天板の木目を見ているうちに つくずくクヌギの美しさに魅せられてしまうのです。荒々しさ 強さ 頑丈さ 質実剛健とでもいうものを感じ これが日本の木なんだと思うのです。年輪の中心から放射状に外皮に向かって走っているレイの模様がクヌギは非常にはっきりとしていて また 細胞が非常に強固です。このレイがとても魅力的で 他の樹種ではなかなか見れないです。
それにくらべ ナラは どちらかというと控えめで しなやかであり 生木の時に感じる アルコール的な 香りも私は 大好きです。クヌギに比べれば かなり柔らかくレイもやはり控えめで優しい感じです。 なにも 頑固一点張りが日本の木ではないとでも言いたげです。
どちらも捨てがたいです。クヌギとナラは 個人的に 感じるのは 似たような 性質を持っていますが そう言いながら かなり 方向性が 逆のように感じ また そのどちらをも捨てがたいのです。日本にこんなに素晴らしい木が あるとはなんと言うことでしょう。しかも 郊外の里山 では 腐るほどあるのです。
2007_picture_of_nara_044_1
そのにわか作り テーブル クヌギ製


2007_picture_of_nara_040_1その天板の拡大  しろい縞模様が レイです。はっきりとみえます。
レイはきらきらと金属的な輝きをしていますがすべての広葉樹がこのようにはっきり見えるわけではありません。



2007_picture_of_nara_030左が 楢の木の 木口 右が クヌギです。 縦に見える白い筋がレイです。ナラもクヌギもありますが クヌギのほうがはっきりしています。



2007_picture_of_nara_014左が クヌギの 外皮側の様子、樹齢を重ねるにつれて しわが深くなります。
右が ナラです。どちらかというと扁平です。



2007_picture_of_nara_048上は ナラをポールレーズで挽いたものです。
中は クヌギを裂いた板です、レイのために木目が波打っています。
下は ナラです。 レイはありますが クヌギに較べ 優しいです。


ナラも良いし クヌギもいい サクラも良いし 楓もいい  日本の木です。

|

« グリーンウッドワーク もう少しドローナイフ | トップページ | エコライフフェア2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/15271971

この記事へのトラックバック一覧です: 椚と楢 = クヌギとナラ:

« グリーンウッドワーク もう少しドローナイフ | トップページ | エコライフフェア2007 »