« シェービングホースとドローナイフ | トップページ | ポールレーズ 自分が動力のロクロ »

2007年2月22日 (木)

ポールレーズ

さあ、いよいよ待ちに待ったポールレーズをここで話題にするところまで来ました。
ポールレーズ、日本的に言うとなんでしょう、 ”足踏みロクロ”とでもいいますか。でも私はあえてポールレーズというそのままの言い方が好きです。なぜか足踏みロクロと言う言葉は説明的響きが強く なじめません。それでここではポールレーズと言う言い方で言わせてもらいます。
このポールレーズの ポールとは ヒモをつないであるさおのことです。日本では 竹ざおが現実的で かつ便利です。通常5mほどの長さです。竹のないヨーロッパでは 通常木の枝を使っています。世界から見ると竹を使うことのほうがおそらく珍しいケースだと思います。

レーズ とは ロクロ=旋盤のことです。旋盤と言えば今皆さんがイメージされる旋盤とは実は このポールレーズなどが起源なのです。 ですから本来は ポールレーズは 旋盤の元祖と言うことになります。 ついでにいいますと、グリーンウッドワークは ことイギリスのイスに関して言えばやはり いすづくりの大先輩に当たります。
ポールレーズの構造を簡単に説明しますと、木片を 左右から先端がとがった金属でしっかりはさんで その木片にヒモをまき付け、ポールの反発力を利用して正回転逆回転させて 切削するのです。

日本にもロクロによって切削する仕事があります、おもに食器関係です。ヨーロッパではロクロのデザインは ショックのみではなく様々なインテリアに広く浸透している点が相違点でしょう。 曲線ではなく 角と平面がデザインの基盤になっている日本では あまりデザインが発展しなかったようです。

ポールレーズは人力です。つまり電気がない場所、たとえば 山の中でも作業ができると言うことです。 つまりそれは 山深いところで材木を山から下ろせない場所でも現場に赴いていってその場で作業できるということなのです。

またポーレーズを動かすためには 体中を使うために非常に 良い運動になります、それも有酸素運動です。

今回はこれぐらいにしておきます。001

実際この写真のように天気がいい日にアウトドアーで静かに木工をすることができます。midorinocraft@nifty.com
ホームページ

|

« シェービングホースとドローナイフ | トップページ | ポールレーズ 自分が動力のロクロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/14011562

この記事へのトラックバック一覧です: ポールレーズ:

» 部屋 インテリア 情報 [部屋 インテリア 情報]
お部屋のインテリアの逸品を紹介しているサイトです。インテリアで部屋の改造と模様替えを楽しみましょう。お部屋の模様替えやインテリアの購入を考えておられる方は、参考にしてくださいね。 [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 00時14分

« シェービングホースとドローナイフ | トップページ | ポールレーズ 自分が動力のロクロ »