« 生きている木、という実感 | トップページ | グリーンウッドワーク ウッドボール作りその2 »

2007年1月30日 (火)

グリーンウッドワーク ウッドボール作り

ウッドボールを作ります
材は 山の桜 伐採したてのフレッシュな桜で 節 枝分かれのない部分で 年輪の中心が木の真ん中にあるほうがいいです。 だいたい60~70cmほどの長さに玉切りにします。この際 木口に 大きなひび割れなどないものを選ぶか、もしくは新しい木口をきりなおして大きなひび割れをよけます。
もしひび割れがわずかにある場合は 年輪の中心を通過するようにしてそのひび割れを利用して材を2つに割ります。2つわりにした材の1つがボールの材料になります。
この2つ割にしたものをさらに2つに割って たとえて言うと電話帳のような形にわります。
年輪の中心側をウッドボールの下側にします。綺麗に割れるかでこぼこが出るかは 木によってまちまちです。
下になるほうを大まかに平らになるようにチョウナなどではつります。
平らにしたものを作業台の上に固定して見合った円を描き、丸鑿などで掘り進めて生きます。一日でくぼみを削り取るのは熟練しないと大変ですから くぼみを少し浅めにするか 或いは何日かに分けて削ります。

大事なことはこの生木の保管です。生木ですからそれなりの管理をしないと 木口からひび割れがきます。これはマイナークラック=木全体に割れが繰るのではなくて外気にさらされた木口が乾燥するために収縮して木口のみひび割れするのです。これを防ぐために まず気温の低い 風のない場所に置くことです。 さらに 削りかすをこの材料に覆うようにして乾燥を抑制します。 心配であれば 大き目のビニール袋に 材をいれて なおかつ削りかすを一緒に入れておきます。 ただし 蒸れやすくなりますので少なくとも1日に一度くらいビニール袋から出して湿気を抜き ビニール袋も新しいものにするか 裏返して再度 材料をしまいこみます。直射日光、温風ヒーターの影響を受けないようにしましょう。
一日で彫り終えようとすると大変ですから 作業をきりやめて 一杯飲みながら本日の出来栄え、デザインなど確認して楽しみましょう。
右 山の桜でなくともいいですが 桜など 木の細胞の細かい樹種がいいです。
右中 新しい木口ですが ひび割れがあるのでこれを利用して薄刃斧を入れて2つ割にします。もしわれがなければ 年輪の中心を通る線で 左右を2等分するように割ります。
中左台に固定し、中央から少しづつすくい取って行きます。もちろんハンマーなど使ってもいいです。
左くぼみの深さはそこの厚みを2cmほど残すくらいにしてください。
深くくぼませるのは非常に労力の要ることですから はじめての人はお皿のような浅めの物を作るほうがいいでしょう。なお ノミを使うとき、自分の体からのみを離さないようにして削ってください。さもないとノミの刃が悪さをしますから。
お問い合わせなどは メールでどうぞ。

続く

ホームページ


2007_picture_of_wood_bowl_making_0112007_picture_of_wood_bowl_making_0092007_picture_of_wood_bowl_making_0042007_picture_of_wood_bowl_making_002midorinocraft@nifty.com

|

« 生きている木、という実感 | トップページ | グリーンウッドワーク ウッドボール作りその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/13718381

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンウッドワーク ウッドボール作り:

« 生きている木、という実感 | トップページ | グリーンウッドワーク ウッドボール作りその2 »