« グリーンウッドワーク ウッドボール作り | トップページ | グリーンウッドワークウッドボール作りその3 »

2007年1月31日 (水)

グリーンウッドワーク ウッドボール作りその2

さて ウッドボール作りその2です。 できれば 余り作業の間隔は余りあけず 少しづつでも 毎日のようにやったほうがいいでしょう。そうすれば 木の状態を作業の際に確認できるし、乾燥の行程を改めることができます。
前回、ボールの内側のくぼみを掘り込みました。もし一日で終わらなかったら 2回目にも内側のくぼみを掘り込む作業を継続してもいいです。 今回は 一応 内側の作業を一段落して 外側を削ります。 大事なことは最初は 内側の作業で それが終わってから外側の作業に移る点です。
外側の作業の要点は なるべく木の厚みをそぐことです。 厚いままの状態だとどうしても木口から割れが生じやすくなるからです。乾燥の段階でです。薄くする必要はありませんが厚くしたままのデザインは好ましくないです。内側のくぼみの作業と同様に しっかり固定して ノミで形を作っていきます。
少しづつ形を確認しながら あちこちと削って形にしていきます。
個人的な見解ですが、この木工では 余りデザインというものを事前に考えて そのデザインに沿って作業をしていくよりも その場その場のアレンジというかアイデアというものを取り込んでやっていくほうが面白いです。 ただ、大まかに だいたいここのところはとがった形にしようとか決めておくのは必要かもしれません。
ハプニングを楽しむのが大事という意味です。
あまり熱中しすぎて くたびれやすいですが、 あまり深入りせず 疲れる一歩手前で休憩をしてください。
この行程は ボールの全体のシェープを形作る作業ですから 自分のそのときのひらめきを表現してもいいと思います。 と言っても相手の木と相談してのことですが。

2007_picture_of_woodbowl_making_2_006_12007_picture_of_woodbowl_making_2_004

2007_picture_of_woodbowl_making_2_008_1



真ん中 ボールの両エンドのハンドル部分を削っています。 女性にはハンマーはちょっと重いかもしれませんね。
左 横から見るとこんな感じになってきました。
右 使っている道具は 写真の通りです。
少しづつ形が見えてきましたね。
作業が終わりましたら一日目と同じように 削りかすでボールをおおって冷えたところに保管します。
お疲れ様。

nidorinocraft@nifty.com
ホームページ

|

« グリーンウッドワーク ウッドボール作り | トップページ | グリーンウッドワークウッドボール作りその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/13732402

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンウッドワーク ウッドボール作りその2:

« グリーンウッドワーク ウッドボール作り | トップページ | グリーンウッドワークウッドボール作りその3 »