« オイルフィニッシュ | トップページ | 家具としての条件 »

2006年6月 6日 (火)

このクラフトの立位置

グリーンウッドワークは 伝統的なイギリスのそしてアメリカのクラフトです。
産業革命以前から伝えられた様々な手法を現代風にアレンジして作業をします。特色のひとつは電動工具を使わない点です。
様々な動力機械、電動工具を使い始めることによって広く一般に家具が行き渡って行った事とはちがうコンセプトのクラフトなのです。
それは 趣味のため、また木工を楽しむための木工とでも言いましょうか。私達の生活の中ですら 自分の手や体そのものを使って作業することがなくなっていく中で同様のことが木工の世界にも行われているのです。
ですからこのグリーンウッドワークでは自分の手足、体と心で作り上げていくのです。
例えばロクロなど 旋盤の器械を使えば高速回転で一気に(一気にと言うのは足踏み式のロクロに対してでありまして そこには当然技能も要求されます)削れるわけですが、これを自分の体を使うことの意味は何かというと、それは 自分の体を使って削ることの楽しみ、喜びの倍増なのですね。こんな単純な作業がなんと深い喜びに満ちたものであるのか、それを体験することは現代人にとって特に意義があるわけです。

またクラフトとして、非常にスタートすることが簡単で、鋸を挽いた事がないという程度のかたでも始められます、勿論 きちんとした指導はしますが。

だからと言って 出来上がりがでたらめのものしか出来ないと言うことはありません。

グリーンウッドワークの究極は 生の木との対話、でしょうか。そして生木を通してえられる癒しでしょうか。

2006pictures_of_clare_spring_0022006_picture_of_the_eco_life_fair_0042006pictures_of_clare_spring_courses001__12006pictures_of_clare_spring_courses001__2ホームページ midorinocraft@nifty.com

|

« オイルフィニッシュ | トップページ | 家具としての条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/10412505

この記事へのトラックバック一覧です: このクラフトの立位置:

« オイルフィニッシュ | トップページ | 家具としての条件 »