« 材料を作る | トップページ | デザインの 方向性 »

2006年3月23日 (木)

木取り

竹は 横方向の切断に鋸を使いますが、縦方向の切断には鋸は使いません。通常裂いていきます。同様にして グリーンウッドワークでは縦方向の切断は裂いて、あるいは 割って行います。勿論材になる木は 目の通った生木を選びます。直径の太いものの場合は クサビと薄刃斧などで割りますが、今回は細い材の木取りについて説明します。
                      写真のようなブレークと フローとよばれる特殊な道具を使って作業します。木が二股になっている部分の使って そこに溝を設け、小径木を裂くことが出来ます。また角材を組み合わせてしっかりしたブレークを作ると楽にかなりの太さのものまで裂いて木取りすることができます。グリーンウッドワークのパーツはほとんどが細長いものですから このような木取りの方法は簡単ですばやく材を作れる訳です。2006pictures_ofcleaving__with_froe_007
2006pictures_ofcleaving__with_froe_0022006pictures_ofcleaving__with_froe_009

|

« 材料を作る | トップページ | デザインの 方向性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/9221014

この記事へのトラックバック一覧です: 木取り:

« 材料を作る | トップページ | デザインの 方向性 »