« 寸法の 厳密さについて | トップページ | 木取り »

2005年12月15日 (木)

材料を作る

グリーンウッドワークでは 縦方向の木取りは 裂いて行います。玉切りはチェーンソーなどで切りますが 縦方向はフローといわれる 包丁に直角に柄をつけたような道具で木口にこじりいれて そして薄刃斧などで口を広げたり クサビをバンバン打ち込んでいって割っていきます。案外楽に割れる物です。こうして木取りすると 木の目を断ち切らずに済むし 静かに作業出来るのです。 くさびも 鋼のものと 木のクサビを両方使います。これだとからみつく木の繊維を斧で切る時に誤って 斧の刃をクサビに当てて刃こぼれすることがないので安心して斧を使えるのです。木だからといってクサビとしての役目はちゃんと果たします。
コツとしては木口からだけクサビを打ち込むのではなくてひびが入っていったら次々に木の胴のひびの間に薄刃斧を打ち込んでひびを広げるようにすることです。また最初の木口の割り口は必ず年輪の中心を通って左右を同じ大きさになるように割ることです。そうしないと割が進んでいくにつれてどちらかにひびが偏ってしまうんです。必ず2つに割るようにします。細長い材もこの方法で割りとたやすく木取りできます。詳しいことは確認ください。midorinocraft@nifty.com                                                             ホームページはこちらから。                                                                                                    2005new_wood_0052005new_wood_006

|

« 寸法の 厳密さについて | トップページ | 木取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/7636297

この記事へのトラックバック一覧です: 材料を作る:

« 寸法の 厳密さについて | トップページ | 木取り »