« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年10月24日 (月)

"材料 生木”その2

丸太の木口を思い浮かべてください。木の乾燥とは水分が木から抜けていって木が収縮することですが、この収縮は年輪方向に1割程度、そして木の中心に向かう方向に数パーセント起こります。丸太の年輪の円が ですから1割縮もうとしておりその結果丸太は年輪の方向に対して引っ張り合うのです。ところが中心に向かっての収縮が小さいために丸々縮んで小さくならづに口を開いた形になるのです。これは例えば人が中心点を取り囲むようにして腕を広げて手をつないだ時のようなもので 一番内側の輪 そしてその外側の輪 そして更に外側の輪と何重かの輪を作ったとして、そのそれぞれの輪が縮まろうとした場合 なおかつ中心に向かって移動できないとしたら何処かで手を離さないといけなくなるということになるのです。これがひび割れになるのです。
しかしながら もし年輪の芯になる部分がない状態だとしたら つまり手をつないだ人が輪にならずに列になっていて両端の人が片手をフリーにしている場合は自由に縮むことができると言うことです。
つまり木はその芯を通る線で割ってしまった場合には比較的自由に収縮できるので、割れが起きにくくなると言うことなのです。
グリーンウッドワークで使う材料はその直径がせいぜい4センチくらいですから割れると言うことはないのです。(勿論例外の事項はいくつかありますが ”想定の範囲”です)。 もう一つの問題は あばれるということです。これは木自体の部位と ”生前?”のつまり立ち木として立っていた時の状態によってほぼ左右されます。結論から言うと 目の通った節のない真っ直ぐに天に向かって伸びた木の幹であればまず反ったりあばれたりすることはないのです。木が例えば 斜めに立っていたとすると木の幹の部分ではその中心を境にして反対の力がはたらくのです。これは 例えば人が自分の腕を斜めに前に出してなにか重いものを持っていることを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。この場合、腕の上側の筋肉は引っ張る方向に強く働き 反対側は伸びているのです。木でも同様の力が働きます。片方は反対側に押し返そうとするし 反対側は引っ張って倒れないようにするのです。ですからこのような木を製材した場合木取りのあり方によっては片側は縮もうとするし片側は圧迫から開放されて膨らもうとするのです。こうして木があばれるのです。
ですからグリーンウッドワークでは真っ直ぐ天に向かってスッと伸びた節のない幹を使ってイスなどの材料にするのです。(これも例外はあるし許容範囲内であれば枝の部分も使います。)
また最初から曲がっている木を単に真っ直ぐに削ったものや 節のあるものは反ったりするのが当たり前のようなものです。
このようにしてグリーンウッドワークでは生木でも上記のことを考慮に入れて生木を自分で 手道具を使って裂いていくのでほとんど割れる、反るあばれるなどと言ったトラブルは心配ないのです。

目の通った真っ直ぐな幹をフローという手道具で裂く様子。フローは両刃の包丁に直角に柄をつけたような道具で 木口にこれを木ハンマーで打ち込んでこじって裂く道具です。midorinocraft@nifty.com 


2004_polelathe_course011ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

材料”生木”と言うことの実際

グリーンウッドワークでは材料に生木を使う、といってもわからない人がいますのでここで簡単に説明しましょう。グリーンウッドワークでは通常 常識としてその材料にする木は冬の間に伐採したものを使います。そのくわしい理由は後日にゆずりますが。まずその材の良し悪しを見極めて なるべく目の通った節のない 枝分かれしてないそして 大地から真っ直ぐに伸びた幹を使うといいです。横に張り出した枝の真っ直ぐな部分ではなくて 大地から真っ直ぐに青空に向かって伸び上がっていった節のない幹が一番です。出来れば年輪がインチ(2.5cm)あたり6~12くらいの数ぐらいがいいです。 これを”玉切り”にしたものが2~3あればポスト&ラングスツールが出来ます。出来れば玉切りの長さは90cmくらいあれば何かと木取りしやすいので所定の長さよりも長めにしておいたほうがいいですね。
もしこの玉切りした木が太ければ(直径30cm以上)年輪の中心を通る線によって2つに割り
(シンメトリーに割る)またそれぞれを年輪の中心を通る線によって更に2つに割ります。
こうしてこれらの生木が直にそのままスツールのパーツになります。1本づつ刃物で生のうちに(つまり伐採してからすぐでもいいです、つまりその日でもいいです)加工します。乾燥は加工した後の段階で行います。とにかく木が生で柔らかいうちに加工してしまうということです。生木を加工するとはこういうことです。乾燥して硬直したものでなく生の柔らかい木を加工するのです。もしなにかの機会に伐採したての生木を入手できたらスツールくらいできるかもしれません。チェックしましょう。材料は ただし広葉樹で桜、楢、クヌギなどがいいです。針葉樹では出来ません。   お便_021り、お問い合わせはmidorinocraft@nifty.com まで
 これはポスト&ラングスツール 材は桜(友人のお庭で大きく育った桜の木の枝落としした物を材料にしました。)なんと言っても桜の華やかさは心を明るくしてくれます。シートは色を桜にあわせてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

ロクロを挽く

ロクロを挽く
かつて 電動の安いロクロを使っていたころ そしてまだグリーンウッドワークを知らなかったころ それでも私は充分に電動ロクロで様々な小物を作って楽しんでいました。そしてグリーンウッドワークにめぐり合った時ノミの当て方が 電動ロクロのやり方に慣れていたためになかなかきれいに挽けなかったのです。グリーンウッドワークでのロクロ=ポールレーズは切削 角度がだいたいちがうのです。
そして足は足で勝手にちがう動きをするし手は手で気持ちを集中すると足がおろそかになるしでちょっといらいらしたものでした。ですから挽き終わったものは 仕上げがざらざらでしかもところどころのみの角が木に突っ込んでへこんでしまうしまったくフラストレーションを実現化したような無様なものしか出来ませんでした。その後の山のような切りかすを作り上げる中で少しづつ少しづつ”勘”をつかみ始めてくるようになり いつのころからかうまく挽けるようになったのです。そう、初めてきれいに挽けた時は出来上がった木片を車の助手席に置いて 事あるごとに手に取り 撫で回していました。そのツルツルにしあがった表面をなでたりほお擦りして満足していたものでした。他人が見たらどんなだったでしょうか。
左 丸鑿で桜を挽いています 桜は木の細胞が緻密で削りかすがテープのように長く出ます。
中 こうして完成した赤ちゃんのおもちゃ ガラガラです
右 ロクロの動力は人力、自分の脚です。ちょっと体をひねってロクロに寄り添って 足はバタバタ上下させます。しかし上半身はあまり動かさずに回転する木片にのみをあてて切削をしますが、回転が一方向ではないために足を上げたときは気持のみを浮かして削りを休むのです。

2004post_and_rang_stool_0012004初めてロクロを実際に挽こうとする人はたいていこう言います”あれ、簡単そうに見えたけど、あれ”ってね。そしてそんな時私は"削りかすが100kgくらい山になるころにはうまく挽けるようになりますよってね。midorinocraft@nifty.com

ホームページ もごらんください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

ジャンプアップ

グリーンウッドワークは木工、特にイスなどを作るヨーロッパ伝統のクラフトです、当時イスは脚だけを山に入って轆轤で挽く職人、町でそのパーツを組み立てる職人と分業がなされていましたが アメリカなどでは原木からイスの完成まで一貫した木工のスタイルで作る人たちがいたようですが いまや脈々とそして少しづつ広まってきているのです。
分業、集約化はもう一定のレベルの必要性を満たしたように思います。今はお金では評価できないなにかが望まれる時なのです。安く、大量に、早く 大型機械をあるいは電動工具を使って作る、という合言葉は今やオリジナリティー、生木に触れる喜び、趣味、リフレッシュ、自分で作ると言う言葉に代わりつつあるのです。2004


http://homepage2.nifty.com/midorinocraft/

midorinocraft@nifty.com




普通 木工の材料と言えばよく乾燥したそして年月のほこりをかぶった厚板をイメージするでしょう。 グリーンウッドワークでは 里山から伐採された生木をそのまま乾燥させずに加工していきます。よく乾いた木材は硬くしまっているために加工がちょっとつらいですが生木は柔らかく裂くのも簡単です。よく乾いた木材は たとえて言えば焼き固められたレンガであり、 それを加工して形にしていくのです。 グリーンウッドワークでは粘土をこねて好きな形に始めに作ってそれを焼くのです。 ここが違いなのです。ですから材料と言えば生の丸太をイメージするわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »