« 木工作家の夢 | トップページ | 椅子のデザイン »

2005年9月 5日 (月)

広葉樹の利用

縄文時代縄文人たちは生活の中で広葉樹に密接にかかわっていたのでしょう。食料のみならず、建築材料 家具材料として今の私たちの生活のなかでの依存度よりももっとずっと依存していたはずです。だけどいつのころからなんでしょうか? 杉ヒノキが桧舞台に躍り出たのは?
私としては 広葉樹の柱の家を作ってみたいですね。日本は湿気が多くて広葉樹は建築材料にならないのでしょうか? そしてこれだけ花粉症やら 里山保全やら水源地域保全やらと言われていながら広葉樹の利用となるととたんに話がなくなってくるんです。林業の産業的立場からも取引などというものはほとんどないでしょう。もっとブロック塀の変わりに広葉樹のフェンスを使い、そしてその材料を売る材木屋 があり、またそれを施工する業者がいれば日本の多くの景観は 格段に美しくなるはずです。もっと広葉樹を使いましょう!midorinocraft@nifty.com

|

« 木工作家の夢 | トップページ | 椅子のデザイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/5797807

この記事へのトラックバック一覧です: 広葉樹の利用:

« 木工作家の夢 | トップページ | 椅子のデザイン »