« 9月の教室スケジュール | トップページ | 出張教室 イン 岡山 »

2013年8月19日 (月)

木についた赤い花




最近 工房のわきに生えている木に花が着いています。

なんというか赤ピンクとでもいう色の花で 背後の濃い緑の山や ジャパンブルーの空の青とのコントラストがとても良くて心ひかれます

20130819_round_blade_chouna_test_ru20130819_round_blade_chouna_test__2


こんなんです

調べたら、”さるすべり”、、、、

ちょっとがっかり(だって名前がいかにもおもしろくない印象で どうみても名前と実際の花との間にギャップがありすぎでしょう)

追求すると 百日紅(ひゃくじつこう)とも言うそうで まだこっちのがいいな 花の期間が長いのがそのいわれのようです

などと庭の花を愛でながら 朝食後の貴重な涼しげなコーヒータイムを楽しんでいます

この夏は(というか年々暑くなってる、来年は最高気温45度とか 50度なんてないよね) 本当に暑い

このクラフトハウスの工房も日中には室温が33度以上になり もう作業効率は落ちるし作業どころではなくなってしまうのです

20130819_round_blade_chouna_test__3


この夏の朝日もだんだん部屋の奥まで入ってくるようになりました 秋が来ます、かね?

で 今日は いま進行している ツールエクスチェンジのプロジェクトで 最初に来たチョウナをちょっと試してみよう、朝まだ涼しいうちにちょっと削ってっ見ようと意気込みました

20130819_round_blade_chouna_test__4


右が今回クラフトハウスに来たチョウナで 刃先が丸い。クラフトハウスには チョウナが数本あり、また前回十数本のチョウナを取り扱ったりしましたが このように丸い刃先のチョウナは 珍しいですね。

刃のコンディションが今一でざっと(本当にざっと)研ぎ直して いざ出陣

本来 チョウナは 丸太をはつって角材を取ったりするつまり 曲面を成形する際に威力を発揮する道具で

最初から平らに削られた材に運用した場合 平らな刃先では 耳がたってうまく使えないもの

なので そんなときに きっと有効なものだろうと思うのですが

実際やってみると 案外正直に真っすぐ振り下ろすとそのカーブがうまく木をとらえますが あまりフラットな刃先の物との違いが実感できませんでした

20130819_round_blade_chouna_test__5刃先の状態が万全でなかった事が大きな障害となっているかもしれませんが 丸い刃先のチョウナを評価することはできず、というのが結論ですね

写真のように 正直に真っすぐ振り下ろすのではなく 斜めにしてスライスさせながら打っていくのが好きです

チョウナ作業、 肌寒い季節にやりたいですね

20130819_round_blade_chouna_test__7


見物人も ”暑いだろ、まだ、、、!”とのこと

汗びたびたかきまくりの夏の朝のひと仕事でした 



|

« 9月の教室スケジュール | トップページ | 出張教室 イン 岡山 »

クラフトハウス日記」カテゴリの記事

コメント

Home improvement just downright scares some folks. With some tools and proper information, it’s possible to complete pretty much any project.
v-travelled |
europetravel101 |
bestofgaytravel |
numatravels |
travelersrvreno |
banshitravels |
exploreuktravel |
alsurtravel |
dubaitravelshop |
couchtravels |

投稿: jimspider | 2014年6月18日 (水) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/58021199

この記事へのトラックバック一覧です: 木についた赤い花:

« 9月の教室スケジュール | トップページ | 出張教室 イン 岡山 »