« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月27日 (火)

出張教室 イン 岡山

先週末 岡山県岡山市の 中心部にほど近い 森で一輪ざし作りの教室が開催されました

私達2人は 講師として参加しました

この夏の岡山の高温の連続記録を知っていた私達には その気温が高いことを覚悟して フルーツの国福島から同じくフルーツの国 岡山へ乗り込んだのでした、が、 その日に限って雨と蒸しかえる日が迎えてくれました

”雨天決行”というのがここの皆さんの鉄則で (それは 主になるメンバーのお二人が 大の雨男で 数あるイベントがすべて 雨という恐ろしい力をお持ちになっているのです) 参加者の出足が心配でした

でも予定通り参加者は全員参加で 雨ザーザー、蚊ぶんぶん、蚊取り10数個 限られたテントのなかで

それでも 楽しまれました

20130824_okayama_ivent_068
敷地面積が9hあるそうです 

雨がなければ もっとのびのび出来たのですが

20130824_okayama_ivent_0011か月間の 週末の時間をかけてこの馬を作りあげたそうで なんたる情熱でしょう!大変なことです

20130824_okayama_ivent_053


馬が5台、参加者がその3倍、で 少しずつずらして 別の作業をします 馬での削り作業は だいたい1.5時間ほどですが やり始めると 止まらない ”時間が足りんのですわ”という事になってしまうのです

20130824_okayama_ivent_051
材木に花を差し入れる 穴をあける作業です、水平のチェックを他の人に助けてもらいます”もうちょい上!”なんてね

20130824_okayama_ivent_049


もうひとつの作業は 一輪ざしをつるす 紐を作る作業

これが案外 曲者

何度説明してもなかなか紐にならない 案外これだけでも夢中になってしまうのです

20130824_okayama_ivent_054


この作業も マスターすれば 自分で 紐が作れますね 慣れれば出来るようになりますよ

今の世の中こういう 単純な作業が忘れられてしまってますね

20130824_okayama_ivent_061


みなさんそれぞれ個性にあふれた 素晴らしい作品を作りあげられました

そして知らない者同士が ここで 肩の凝らない楽しいひと時を体験されたのです

そうそう 昼食ですね

20130824_okayama_ivent_056


夏の食といえば やはりこれでしょう

20130824_okayama_ivent_057


大御所が 裏方に徹して そうめん”入ります!!” です

ちなみに この竹 もちろん この広大な敷地の 孟宗竹です  また今回の一輪ざしの材料も前日に同じく 裏から伐採してきた取れたてほやほやの桜です

20130824_okayama_ivent_072


残られた参加者とのショット20130824_okayama_ivent_076


最後は 打ち上げ バーベキュー アンドトーク

20130824_okayama_ivent_055


ぼけててすみません

目前の森に生える木を使って グリーンウッドワークで 作品を作るのは 楽しいものです

しかも作業を通して様々な人と構えることなく 楽な気持ちでお友達になれること

楽しかったですね

今回のこのイベントに先立ち 力を注いで この機会を準備するというのは そうとう大変な力のいることで 

その事に大して 大いに敬意を払うものであります 有難うございました

グリーンウッドワークを通して これからも いろんな人と知り合えていけたらいいですね

呼ばれれば行きますよ

お問合わせ tomio@tomio-imaru.com

電話     0247-57-5541

クラフトハウス 井丸富夫

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

木についた赤い花




最近 工房のわきに生えている木に花が着いています。

なんというか赤ピンクとでもいう色の花で 背後の濃い緑の山や ジャパンブルーの空の青とのコントラストがとても良くて心ひかれます

20130819_round_blade_chouna_test_ru20130819_round_blade_chouna_test__2


こんなんです

調べたら、”さるすべり”、、、、

ちょっとがっかり(だって名前がいかにもおもしろくない印象で どうみても名前と実際の花との間にギャップがありすぎでしょう)

追求すると 百日紅(ひゃくじつこう)とも言うそうで まだこっちのがいいな 花の期間が長いのがそのいわれのようです

などと庭の花を愛でながら 朝食後の貴重な涼しげなコーヒータイムを楽しんでいます

この夏は(というか年々暑くなってる、来年は最高気温45度とか 50度なんてないよね) 本当に暑い

このクラフトハウスの工房も日中には室温が33度以上になり もう作業効率は落ちるし作業どころではなくなってしまうのです

20130819_round_blade_chouna_test__3


この夏の朝日もだんだん部屋の奥まで入ってくるようになりました 秋が来ます、かね?

で 今日は いま進行している ツールエクスチェンジのプロジェクトで 最初に来たチョウナをちょっと試してみよう、朝まだ涼しいうちにちょっと削ってっ見ようと意気込みました

20130819_round_blade_chouna_test__4


右が今回クラフトハウスに来たチョウナで 刃先が丸い。クラフトハウスには チョウナが数本あり、また前回十数本のチョウナを取り扱ったりしましたが このように丸い刃先のチョウナは 珍しいですね。

刃のコンディションが今一でざっと(本当にざっと)研ぎ直して いざ出陣

本来 チョウナは 丸太をはつって角材を取ったりするつまり 曲面を成形する際に威力を発揮する道具で

最初から平らに削られた材に運用した場合 平らな刃先では 耳がたってうまく使えないもの

なので そんなときに きっと有効なものだろうと思うのですが

実際やってみると 案外正直に真っすぐ振り下ろすとそのカーブがうまく木をとらえますが あまりフラットな刃先の物との違いが実感できませんでした

20130819_round_blade_chouna_test__5刃先の状態が万全でなかった事が大きな障害となっているかもしれませんが 丸い刃先のチョウナを評価することはできず、というのが結論ですね

写真のように 正直に真っすぐ振り下ろすのではなく 斜めにしてスライスさせながら打っていくのが好きです

チョウナ作業、 肌寒い季節にやりたいですね

20130819_round_blade_chouna_test__7


見物人も ”暑いだろ、まだ、、、!”とのこと

汗びたびたかきまくりの夏の朝のひと仕事でした 



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

9月の教室スケジュール

9月になってもまだまだ暑そうですね

あまりハードな作業のない教室内容にしました

一輪ざし20130622abesan_ichirinzasi_03720130622abesan_ichirinzasi_031


20130622abesan_ichirinzasi_006


こんな風にして馬にまたがってひたすら静かに削る作業

スプーン作り

20121106_kazukun_poelathe_building_


2種類のナイフを使ってスプーンを作りますこれも静かな作業です

カーヴィングナイフ作り

炭火で赤めて カンカンと鋼材をたたいて そして柄を付け、さらに刃をといでナイフを作ります

ちょっと暑いかもしれません

20130123_kouno_koukun_suimokukai_03


20130812asagaoknives_and_robins_too


9月に詳しい日程に関してはこちらをご覧ください

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

お知らせ 第二回グリーンウッドワーカーミーツ

第2回グリーンウッドワーカーミーツ

昨年同様 今年も開催します

時10月19(土)20(日)

場所  去年と同じ 福島県石川郡古殿町 クラフトハウス

参加条件 フリー(木工好き、グリーンウッドワークに興味ある方)

初めての方 テントを持参してキャンプ出来ます 

写真などこちらで 確認してください

お問合わせ 0247-57-5541

メール    tomio@tomio-imaru.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »