« 春のイベント | トップページ | ストックナイフ&木靴作り »

2013年4月12日 (金)

カッティングボード作り

仕事を終えた地元の人達の木工教室”水木会”で 先日カッティングボードを作りました

材は銀杏、この銀杏はまな板としては良い材料として広く知られるところですが 殺菌力や木の柔らかさからその定評を得ているのだと思います

私はじつはあまり鉋を使って加工するのが グリーンウッドワーク的にはあまり気が進まないのですが かといってデコボコのまな板では具合が悪いので しぶしぶ鉋かけ仕上げにしました

材のイチョウは もともと協力者の人が切って持ってきてくれたもので 私があらかじめチェーンソーで製材したものです 誤解なきよう

20130412_wooden_shoe_and_stock_knif まず 鋸で形に切っていく作業

写真の鋸はターニングソー別名ベッティーさんというものでおかしなやり方でカーブを切り抜くことが出来るものです(鋸を切る様子がベッティーさんがダンスをするようだ あるいはお坊さんがお参りしているようにもみえるのでもう一つの別名プリースト((おぼうさん))ともいわれるもの)

20130412_wooden_shoe_and_stock_kn_2 20130412_wooden_shoe_and_stock_kn_3 20130412_wooden_shoe_and_stock_kn_4 カーブを切り進んでいきながら刃の向きを調整できるのです 刃はバンドソーをカットしたもの

案外分厚いケヤキなんかもずっと楽に早く切れます

20130412_wooden_shoe_and_stock_kn_5 こんな感じです 今回は 柔らかな銀杏ですから らく~にカット終了

ダンスも楽し!

でここから鉋の登場

20130412_wooden_shoe_and_stock_kn_6 凸凹を修正して滑らかにします

20130412_wooden_shoe_and_stock_kn_7 こんなです

注意点

ある程度の図形的完璧さが備わっている形の方がきりっとしていいです

なので 真円とか長方形とかです=あいまいな形だと印象が今一つですね

ここ古殿の地元の方対象の水木会は 毎週水木曜日の仕事を終えた時刻からグリーンウッドワークの木工教室を開催しています 

参加者募集中です

お問合わせ

電話 0247-57-5541

メールこちら までご連絡ください

|

« 春のイベント | トップページ | ストックナイフ&木靴作り »

クラフトハウス日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/57155840

この記事へのトラックバック一覧です: カッティングボード作り:

« 春のイベント | トップページ | ストックナイフ&木靴作り »