« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月24日 (木)

ろくろつくり&椅子作り集中講座

先週2名の参加者で通常のスケジュールと並行して2つの講習がありました。

一つはアームチェアー作りともう一つは 器用ロクロ作りです。参加者は 2人ともグリーンウッドワークの中級ほどのレベルの方です。

アームチェアー作りの参加者は神奈川以来のお付き合いで 友人であり よきアドヴァイザーでもあります20130123_kouno_koukun_suimokukai_00 以前にクラフトハウスに来られて ベッドの材木を加工したりお手伝いをしていただいた達所なかたです。20130123_kouno_koukun_suimokukai_06  20130123_kouno_koukun_suimokukai_07 立派なアームチェアーをつくりました

さてもう一人の参加者は 昨年秋までのアシスタントであったこう君

かれはいよいよ 器挽きの方に進むとのことで 今回 器用のロクロとその刃物であるフック一式を作られました。

20130123_kouno_koukun_suimokukai__5 ろくろといっても器用のロクロは大きく重く その作成に費やすエネルギーは莫大なもので長い時間がかかるのです。少しずつしかすすみません。

20130123_kouno_koukun_suimokukai_01 徐々に形が出来上がってくると気持ちものってきます。

20130123_kouno_koukun_suimokukai__6 器を挽くための刃物=フックをたたいて作っていく作業 トンテンカン です

20130123_kouno_koukun_suimokukai__7 こんな風になりました

20130123_kouno_koukun_suimokukai__8 ろくろも無事完成

今後が楽しみですね。

20130123_kouno_koukun_suimokukai_03 その間に大雪にはなるし 結構外の世界はきびしかったですが

2人の参加者の熱意に敬意を表したいものです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい椅子

先日のテーブルの雰囲気にあった椅子をあれこれ模索して やっとその椅子が完成

20130123_kouno_koukun_suimokukai_08 たまたまターシャおばあさんの写真集の中で見かけたいすに大きくインスピレーションを受けたのです。

これまでのグリーンウッドワークの椅子との違いはまず 背もたれが直立していること。

これは つまり 後脚をポールレーズでパターンをつけていて、このパターンを付けたものをスチームベンドするとくびれた部分で折れてしまうので 直線的になるのです。その代わり そのパターンを挽くことは楽しみとして作業することが出来ます。

この作業中に考えたこと=そういえばアメリカのシェーカー家具も背が直立だったなあ、きっと同じような理由があったのだろうと思うのでした。

またグリーンウッドワークでは 必要のない装飾の要素を極力排除してシンプルさを優先していますがこの椅子の場合その領域を少し超えているかも

でも 完成してみて感じたのは 個人的には とても好印象で 見ているだけでわくわくしてきます。

雰囲気がある椅子になりました。

10脚前後ある食堂にこの椅子を仲間入りさせると 一番風格というか貫禄というか そういうものが強く感じられ、いいものです。

20130123_kouno_koukun_suimokukai__2 また造形的な面でも私にとっての大きな収穫がありました。ちなみに4枚の背板はみなポールレーズで同じパターンに挽いたものをドローナイフで削って板状にしたものです。そして後脚のパターンと同調しています。

20130123_kouno_koukun_suimokukai__3 20130123_kouno_koukun_suimokukai__4 テーブルとの組み合わせもなんかあっている感じがします。

材はたぶんこぶしの木だと思いますが 白くて清潔感があるので、と思って試してみたのですが これが曲者で特に後ろ足の真ん中あたりに曲がりがあり刃物がうまく使えずがたがたになっている所があります。また木の細胞が荒く 細かいパターンを挽くと かけやすいでした。

次回は しょうがないので 桜で やってみようと思っています。

ちなみに直立の椅子の座り心地、ですが これがどうしてどうして かなりいいです。しかも後脚がよくしなうので(つまりパターンのくびれがあるおかげで曲がりやすい)心地よし!!というところです。

さあ、そう考えると 装飾 個人的には とても大事だなあと思ってき始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

新しい方向性の作り方のテーブル

私もがんばってテーブルを作りました。

このテーブルを作る作業ではノミなどは使いますが 鉋は使わないでトライしています。

もちろん材料は丸太で、製材はチェーンソーです。そしていつものように 乾燥していない 生の材料で作ります。

チェーンソーの削り跡の凸凹は丸のみではつって馴らしています。

20130109_junko_chair_011 20130109_junko_chair_015 20130109_junko_chair_016 横板の中央にはクラフトハウスのグランドにはえている四つ葉のクローバーを入れました。

感想

いや~ 大きいから大変でした。直径が60cm近い丸太をチェーンソーでフリーハンドで板にしていくのはなかなか難しいものでした。またその刃跡がでこぼこになって それを丸のみで馴らすのはたいへんです。

でもいざ完成してみるとなかなかいいかんじではありませんか?

この部屋のムードを決めるほど雰囲気を持っています。

さてこの次は 椅子ですね。

さあさあ取り掛かりましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

淳子さんの第2号椅子

やっと最近少し余裕が出来て 淳子さんは 自分用の新しい椅子を作りあげました。

最初の椅子から数年たって 少し最初はブランクを感じていましたが 徐々にペースを取り戻しいいものを作りあげたのです。

20121223_mochituki_ivent_014 ほぞ穴あけしてます。

20130109_junko_chair_002 出来上がりはこんなです。

20130109_junko_chair_006 そしてこんな風に椅子にかけて いま毛糸を紡いでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »