« インナーバーク 続き | トップページ | 夏も近づく »

2012年6月29日 (金)

インナーバークの木

前回ご紹介した インナーバークの木ですが やっと 正体が判明しました。

”梶の木”です。クワ科の樹木で 葉に特徴があり 

20120626_nagaiwood_bowl_and_kajitre こんな形をしていますが 成長するにつれて

20120626_nagaiwood_bowl_and_kajit_2 こんな感じの普通の葉っぱになったりします。

この梶の木、調べてみるとあれこれでてきました。

まず 神社に植える御神木で(そう言われてみると このすぐ上に”神武天皇”の鳥居があるのです)

またこうぞ等紙の材料として古くから使われてきたようですね。いつの日からか 梶の木よりもこうぞ、三椏などにとって代わわられていったようです。

この葉の裏側に墨で字を書くことができ、七夕の時には 願い事を書いてそなえた、などなど 面白い話が続々。

こんな由緒のある木が 40本ほど裏山に眠っていて 私達が来るまで ササやぶになって窮屈な思いをしていたのです。

こんごこの梶樹林をよく手入れして良いシート材が取れるようにしたいと、手入れをする事にしたのです。

甘皮にはほのかにフルーティーな香りがします。

おそらく本州には昔は広く分布していたようですから皆さんの地方にもあるかもしれません。

葉に特徴があるので 探してみてください。

甘皮の採集時期は 今頃がいいですよ。

また成長が早く10年もするところ合いの太さになります。

20120619_innerbark_harvesting_016 外皮を薄く削り取るのにはこんなちいさな薄刃のドローナイフが役に立ちます。これはスイス製のドローナイフで

切れ味が良く、私はドローナイフ仕上げのときに使っています。(スイスpfeil社製だが 小売りはないようです)

ご参考までに

いずれにしても甘皮をコイル状に採取するのは相当の手間がかかります。 

|

« インナーバーク 続き | トップページ | 夏も近づく »

クラフトハウス日記」カテゴリの記事

コメント

カジの木!へえ!良くわかりましたね!

投稿: taka | 2012年6月29日 (金) 22時45分

たかちゃん
あの蛭対策万全のインナーバーク採集も3人で行ってつらかったですね。
あんな失敗を乗り越えて無事適材適所この地元で良材に出会い運がいいです。
その節は有難うございました。
今度インナーバーク採取に是非来てください。

投稿: バジャー | 2012年6月30日 (土) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/55077131

この記事へのトラックバック一覧です: インナーバークの木:

« インナーバーク 続き | トップページ | 夏も近づく »