« 桜満開のピークに | トップページ | 庭での作業 »

2012年5月 5日 (土)

カムファーストオブメイ

昔、ビージーズというグループがいました

彼らの曲の一つに”come first of May"というのがあります

日本名は ”若葉のころ”というもので つまり5月の初めにおいで、という歌です

この歌、大好き http://www.youtube.com/watch?v=lqcxeStXFE0です

クラフトハウスも桜の季節が終わり いまやまさにこの歌の通り若葉の季節になりました

グランドは緑の絨毯 裏山の木々は若葉を付け始めみずみずしい緑になっています

グリーンウッドワークのグリーンと同様に緑色は 命の色ですね

20120501_new_fence_and_cherry_bloss 20120501_new_fence_and_cherry_blo_2 事情があって伐採されたプラムの木ですが、、、

なんと新芽が出てきているではありませんか

さっそくグランドの端に植えました、もしかしたら育つかもしれないと

木の生命力ってすごいものですね

20120501_new_fence_and_cherry_blo_3 現在進行中の アウトドアーグリーンウッドワークサイト工事

20120501_new_fence_and_cherry_blo_4 外でキャンプしながら器や椅子作りが出来るように設備を充実中です、少しずつですが

20120501_new_fence_and_cherry_blo_5 20120501_new_fence_and_cherry_blo_6 五と十で成立した精神をもつおじじ殿の出勤風景

みなさん、"come first of May!"

お問合わせは tomio@tomio-imaru.com

または 0247-57-5541

クラフトハウスです

|

« 桜満開のピークに | トップページ | 庭での作業 »

クラフトハウス日記」カテゴリの記事

コメント

師匠どうもです。

なんか・・・
凄い事になってますねぇグランド。

おじいさんの畑も、
段々巨大化していたりして、笑。
凄い地道な作業を毎日されているのに、
さすが昔の人は、辛抱強いと感じます。


キャンプ場は良いアイディアですね。
やっぱり、人の出入りがあると、
いろいろな出会いがあり、
可能性と、面白い方向になる予感がします。


グランド、どんどん進化しておりますが、
何か生き物がいると良いですねぇ・・・
鶏なんてどうでしょうか?
卵、目当てで、鶏肉ではなければ、平和です。


ウッドデッキを作成し、
裸足で歩け(バフがけ重要)、
パーゴラを作成し、布団や、草を干す、
そんなのもほしいですね。
自然を活かす師匠の方向かと思います。

古殿のグラウンドは、
夏場、ロングホースが熱交換器に、
なるくらいなので、
是非、アルミホイルと、板で出来る、
巨大ソーラークッカーも、
ご検討頂きたいです。

あの土管で、少し塹壕を掘って、
炭焼き釜を、
作成可能のような気がします・・・。
内部を粘土塗って補強すれば痛みませんし。

炭焼き小屋の土釜は、
もっともろい粘土で作成していますし・・・。
ドラム缶を土に埋めて、
煙突を出して、炭や木酢を得ている人もいます。

ところで、グランドが広いので、
巨大なこいのぼりを
泳がせるのも面白いかもしれません。
そういえば、旗を揚げるポールが・・・。

自動車の修理工場に、
廃棄物を頼んで置くと、
意外とあっさりいろいろな、
金物のパーツがもらえます。
1度近場の修理工場を訪ねるのもありかと。
私は、ドラム缶を2つと、
ペール缶をもらえました。

では・・・

投稿: やっちゃん | 2012年5月 5日 (土) 23時11分

やっちゃん
コメントありがとうございます。
さまざまなアイデアを提示いただき良き参考にしたいと思います、同時に私達も同様の事をあれこれ考えていて 思ったのは人は同じようなことを考えているものだなという事でした。

モアイ像見ました。
彫像の楽しさは格別のものがありますね。また何処をどう切り落とすか などセンスが必要でもあります。

投稿: バジャー | 2012年5月 9日 (水) 09時18分

師匠どうもです!


景気が悪いので、師匠もいろいろと
気落ちされる部分が多いかと、
ブログ更新具合で、
少々気になっておりましたが、
お元気そうで何よりです!!


正直な所、師匠の古殿でのあれこれの
ペースが遅く、また、
実際は重作業のたいへんな
作業のオンパレードだと思いますが、
地道な作業の先は、人がアッ!と驚くものです

師匠の構想の地道な毎日の、
進め具合が大事だと思います。

なかなか、1対1の仕事ですと、
効率や、影響などで、
先々など悩む部分も多いかと思います。
こちらも炭焼小屋でも、何とか、
いろいろな事も含め、順調に良い感じに、
なっている方向だと物事を進めています。


モアイ像につきましては、
私の作成した像では、ナヌ!?と、
師匠に一喝される部分も予測出来るので、
是非、古殿版のモアイもご検討下さい。


炭焼小屋では、エンジン式の土や、
灰フルイ装置の作成をこれからやり、
その後、チェーンソー製材機を設置を
考えております。

この装置が完成すれば、
パンを焼く釜ができ、湧き水で小麦を練り、
熱い余熱の放射熱で焼いた、
カリッ!とした、
ピッツアや、クッキー、乾燥野菜など、
お出し出来れば、話も弾みます。
(次はワインか・・・笑)


また、レンガの強度から、
釜の強度が把握でき、最初は移動出来る物を、
考え、周囲の反応を見たいところです。
自然を大事に、また安全面などは
理論的にせねばなりません。


また、他にもいろいろ製作を
考えて部材を揃えている最中ですので、
完成次第、また、画を送らせて頂きます。

師匠がピン!と来られたような物が、
もしあれば、どんどんパクッて、
アレンジを加えて、活かして
頂ければと思います。
お客さんが来れば、活性化し、
どんどん面白い事になります。

時はどんどん過ぎるので、害虫にやられない、
例えばですが、ボイセンベリーや、
クワの木、柑橘類などを育てると、
パーゴラの上から下がっていれば、
センス良い、いっかくになると思います。

そのために・・・
苗を育てる所もあると良いですね・・・。


投稿: やっちゃん | 2012年5月 9日 (水) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135365/54635104

この記事へのトラックバック一覧です: カムファーストオブメイ:

« 桜満開のピークに | トップページ | 庭での作業 »